2006年07月23日
060723_2.jpg

ヒマワリにクマバチとミツバチが花粉を集めに来ていました。
右側の黄色っぽいほうがクマバチ、左側の小さいほうがミツバチです。

060723_3.jpg

クマバチ接写。黄色い体毛がふさふさはえています。羽根は、やや黒褐色です。
昆虫も、こうやって近くで見てみると、なかなかきれいなものです。

060723_4.jpg

こっちはミツバチ。体じゅう花粉だらけにして、それでもまだまだ集めます。
ベテランのミツバチさんでしょうか。羽根が擦り切れています。

美しさを表す言い方に“機能美”という言葉があります。昆虫を見ていると、役割や行動によって見事に進化していることに気づきます。
羽根や脚の位置や大きさ、口の作りや触角の長さ。それぞれの生態にベストマッチしたその完成された美しさは、まさに機能美なのではないでしょうか。

子供のころから、1時間2時間と昆虫をずっと見ていても苦でありませんでした。今でもその機能美に惚れ、カメラのシャッターを押す日々です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年07月23日
060723_1.jpg

俗名 大輪ひまわり、ほぼ満開となりました。
昨年植えたロシア原産のでかいヒマワリではないので、背もあまり高くならずに咲きました。
しかも、濃い黄色・濃い褐色。これはなかなかいいかんじです。
コントラストも強く、遠くからでもわりと目立ちます。この凝縮感がいい雰囲気。
来年もこのヒマワリを植えたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ヒマワリ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る