2006年08月18日
甘夏飼育日記を書いていたのですが、その甘夏にアゲハが卵を産み付けました。
アゲハのほうはうまく育つかなと思って観察していたのですが、なんとか幼虫も元気そうなので、ここからアゲハ観察日記を開始します。

アゲハが卵を産んだ甘夏は外に置いていますので、飼育というよりは観察になります。

甘夏の苗

甘夏飼育日記で一鉢ずつ植えていたのを、このようにひとつにまとめていました。数は10株ぐらいでしょうか。枝も伸び、今後が楽しみだったのですが、アゲハの幼虫に提供することにしました。

アゲハの卵
アゲハの卵

これが卵です。初めて見つけたときは黄色いまん丸とした状態だったのですが、撮影時には中の幼虫が透けて見えるようになっていました。
アゲハは、卵を一個ずつ産み付けます。卵の直径は1mmぐらいです。卵の発見数は5個です。

アゲハの幼虫

そして、幼虫が生まれました。このときは、まだ2mmぐらいです。オレンジ色の紋が入った黒い毛虫というかんじです。
鳥のフンを擬態していると言われるこの色や形、離れて見るとなるほど、フンにしか見えません。
さっそく葉っぱを食べたあとがありました。全部で5匹の幼虫を確認しています。

アゲハの幼虫

伸びたばかりの新しいやわらかい葉っぱを食べる幼虫。2mmの大きさなので、接写が大変です。

これからどうなるのでしょうか。食草の補給は間に合うのでしょうか。アゲハの幼虫はとても大きくなり、食べる量も多くなります。どうにもならなくなったら、園芸屋さんからゆずの木でも買ってくるしかないのでしょうか。

そんなわけで、終わりを知らない飼育や観察の日記は、まだまだ続いていくのです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月17日
写真館-真上から見たトンボ

汚いののあとは、きれいなのをひとつ。

特にどうということはないのですが、たまたまカメラを構えていたときに足元にトンボが止まったので、シャッターを切ってみました。標本ではなく、ちゃんと生きています。

飛行体としてなかなか完成された体型は、昔の戦闘機を思わせます。
生き物って、すごくアートだと思うのです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年08月15日
もう1年弱もカタツムリを飼っていますが、フンというものはどこから出てくるのか知識ではわかっていましたが、実際その瞬間を見たことはありませんでした。
見るとすでに出したあとで、足のところに固まっている状況。
いつか写真に撮ってやるぞと思いつつ、ついに撮影に成功しました。

ここから先は、お食事中の方はご遠慮ください。
と言っても、もうすでに見えているとは思いますがw

カタツムリがフンをする瞬間

カタツムリのフンをする順序を説明します。
1.後ろ足で逆さまにぶら下がり、中足を浮かせます。
2.体を180度曲げ、頭の先を呼吸をする穴(空気口)のそばに持ってきます。
3.呼吸をする穴(空気口)は閉じ、そのすぐ下あたりから出てきます。
4.前足だけを歩くときのように波打たせ、そこにフンを乗せます。
5.波打った前足の上のフンは、ベルトコンベアのごとく移動を始めます。
6.中足は波打ってませんので、中足のところでフンが止まります。
7.中足のあたりにフンのダンゴが出来上がります。
8.カタツムリが移動をすると、そこにフンのダンゴが残ります。

各用語は、下の写真を見てください。

カタツムリがフンをする瞬間

普通の生き物はフンを出すときにそのまま出しますが、カタツムリは前足の波運動で排泄を助けるようなことをします。
これがなぜなのかはよくわかりませんが、おそらくすぐ横の空気口をふさがないように、あるいは、空気口の中に入っていかないようにするためなのかもしれません。
また、生き物というのは人間が思う以上にきれい好きなので、少しでも体の遠くへ排泄したいのかもしれません。

カタツムリは、食べたものと同じ色のフンをしますが、このカタツムリは枯れ葉を食べたと思われます。
別に便秘だったからこれほどの量が出たということではなく、これほどの量のものを食べるのです。
1日に1〜2回ほどフンをしますので、この量の1〜2倍のものを食べることになります。

いやはや、本日はお見苦しいものをお見せしましたが、生物観察上、避けては通れない道ですので何卒ご勘弁願います。

やっと全部のフンを出し切ったようです。

カタツムリがフンをする瞬間

しかし、今日のブログのタグを見てると、複雑ですなw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
2006年08月13日
写真館(動画)-ヒマワリの種を食べるカワラヒワ

いつかここで取り上げた野鳥が、また来ていました。
調べたら、「カワラヒワ」という鳥のようです。
スズメより少し大きめのきれいな鳥です。

このカワラヒワ、大切に育てているヒマワリの種を食べていました。
そのもようを動画に撮ってみました。



おかげで、こんなになりました(ーー;)

写真館(動画)-ヒマワリの種を食べるカワラヒワ

よく見ると、近くにもう一羽来ていました。子育ての途中のようです。
動画を見ればわかりますが、ヒマワリの種をくわえて鳴いています。ここに食べ物があるよー♪と教えているようです。
スズムシの鳴き声も入っていますが、よく聞くとチチチチッという鳴き声が聞こえます。

ヒマワリの種は、とりあえず来年蒔く分20粒くらい確保できればいいので、あとはこのままカワラヒワにでも食べさせます。
ヒマワリの種は高カロリーで味も良し。リノール酸たっぷりなので、鳥も食べてておいしいのでしょう。
全部食うなよ、20粒は残しとけよ。じゃないと、来年食う分も無いぞ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
2006年08月13日
写真館-蚊の視線から見たカエル

こわいです(^_^;)

人間から見ればかわいいアマガエルなのですが、蚊のような小さな生き物から見れば、たぶんこのように見えるでしょう。
しかも、蚊にしてみれば自分を食べる恐ろしい生き物です。

アサガオの枝で休んでいるカエルの超接写です。

目とか皮膚とか、こうやって見るとやっぱり怖いです。
接写は、生き物そのものの姿を表しますので好きです。
普段見えないものまで見えてくるので、やめられません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2006年08月11日
写真館-花見をするカエル

カエルA「なー、あの丸くてギザギザしたの、何よ?」
カエルB「あれ、花っていうんじゃね?」
カエルA「ああ、俺たちのエサが集まる魔法の道具か」
カエルB「たまにでかいヤツも来て粉まみれになってるけどな」
カエルA「蚊とか小バエとか来たらパクッといかね?」
カエルB「でもあの粉みたいなの付くの好きくない」
カエルA「なんでだよ?」
カエルB「図鑑見たらあの粉からヒモが伸びるんだぜ」
カエルA「見たのかよ!?図鑑!」
カエルB「最近カメラ持ってよく来るヤツいんじゃん」
カエルA「ああ、あのいつも水くれるヤツな」
カエルB「あいつの車にくっついて家まで行ったんだ」
カエルA「まさかオマエのぞき見とかしたんじゃねーだろうな」
カエルB「した」
カエルA「このエロガエルがっ」
カエルB「そしたら寝る前に図鑑見てんだよアイツ」
カエルA「まじかよっ!俺たちのこと調べてんのかな」
カエルB「らしいな」
カエルA「だから俺たちが水欲しいの知ってんのかよ」
カエルB「らしいな」
カエルA「ま、いっか。水くれんのは悪いことじゃねーからな」
カエルB「それも毎日。会社休みでも出社してんだぜアイツ」
カエルA「俺たちのために・・・(ノ_・。)」
カエルB「アイツらみてーな顔文字使うなよ」
カエルA「アイツらの文化でお礼言いたいのよ」
カエルB「それもそうだな。ちょっくらほざくか」

カエルA「(=゚ω゚)ノぃょぅ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ (^з^)-☆Chu!!」
カエルB「( ▼_ゝ▼y-でへへ」
カエルA「なんでぁぃぁぃなんだよ!」
カエルB「これ使うと本人喜ぶらすい」
カエルA「・・・意外と単純なヤツなんだな」
カエルB「ハラヘッタ。そろそろ蚊でも食いに行こうぜ」
カエルA「俺小バエが(・∀・)イイ!! 小バエ川秀秋っ!(`・ω・´)」
カエルB「くだらね・・・先行ってるぜ」
カエルA「おいていカエルぼくカエル」
カエルB「つきあってられんわ」
カエルA「こりゃまた失礼いたしましたっと」
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。