2006年08月20日
アゲハ幼虫の脱皮

アゲハの幼虫は今日も元気ですが、一匹脱皮した直後のようでした。

飼育や観察、それに写真撮影となれば決定的瞬間をねらいたいわけですが、何せ外にあるものを観察しているという状況なので、24時間外にいてカメラを構えているわけにもいきません。
それでも時間があれば、元気かなと様子を見ている次第。そのうちいい写真が撮れればいいなと思っています。

昼ごろ撮影したこの写真、夕方見たときには抜け殻がありませんでした。
きっと食べたのだと思います。

このアゲハの幼虫の楽園となっている甘夏の鉢、今後何らかの保護措置をとるかもしれません。
鳥やハチに見つかれば、かわいそうなことになってしまいます。
今考えているのは、アサガオの鉢に使う円筒状になるからませ棒、あれを甘夏の鉢につけて、全体を網で包んでしまうというものです。

自分が子供のころ、アゲハは蝶の王様でした。
モンシロチョウを捕まえるよりも、可憐に飛び交うアゲハチョウを捕まえるほうが名誉でした。
まるで鳥でも捕まえたかのような実感のある大きさ、羽根を押さえてもそれを振り切ろうとする筋肉の強さ、圧巻でした。

いつかの少年の感動は、今、そして未来の少年にも体験してほしいと思っています。
たった5匹ですが、無事に空に向かって羽ばたくまで見守っていきたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月20日
ミニトマト

家の庭で育つミニトマト。簡単に育つ野菜です。
別に気取ったサラダなんかを作らなくても、一口ぽーんと口に入れるだけで味わえるところが好きです。
しかも、売っているのよりも酸っぱく、皮も厚め。
でもそこがいいのです。たくましく育った野菜をたくましく食べるのもまた、家庭菜園の楽しみかもしれません。

このトマト系を植えると、必ず現れるのがニジュウヤホシテントウ。
放っておくと、葉っぱを全部網目状にされてしまいます。

ニジュウヤホシテントウ

他のテントウムシのようにアブラムシを食べず、菜食主義なのはわかりますが、少し食欲が旺盛すぎです。

ところで、テントウムシの“テントウ”という意味を知っていますか?
点が10個あるからテントウじゃありません。
テントウムシは漢字で「天道虫」と書きます。「天道」は「お天道さま(太陽)」のことで、太陽に向かうように高いところへ登ることから、天道虫と名づけられました。
何気ない名前にも、こうしてメルヘンが紛れ込んでいることがあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。