2006年09月13日
スズムシが弱ってきました

あわびの貝がらの上に置かれたニボシを食べる、メスのスズムシです。
奥のほうでは、オスがちょうど鳴いているところです。

成虫からの飼育を始めて、そろそろ2ヶ月が経とうとしています。
気温も低くなり、衰えというものを日増しに感じるようになりました。

オスの鳴き声の勢いはピーク時の8割ぐらいになり、メスの動きの敏捷さも少しなくなってきました。
食欲はまだあるようで、ナスやリンゴ、ニボシや砂糖水を相変わらずよく食べています。

スズムシが弱ってきました

こちらは、1匹だけ間違って孵化したチビスズムシくん。
元気な姿を確認できました。
なんせ小さいので、さがしてもみつからない場合があり、気になること日常茶飯事な状況。2mmぐらいの体長です。

このチビくん、このままなんとか冬の間も成長させたいなと思っています。
なるべく温度が下がらない環境をどう作ろうかと考えている次第。
うまくいくかは、まだわかりません。
ただ、寒くなるから死んで当然という気にはどうしてもなれないのです。
たとえ人工的な環境になろうとも、寿命まで生きてほしいなと思います。

そうは思っていても、明日見たら死んでるかもしれない・・・
そんな思いが横切るほどの、小さな小さな命です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2006年09月13日
4匹のサナギくんたち、その後全く変化がありません。
5齢幼虫も、まだそのままという状況。
急に寒くなったので、迷っているのかなぁ(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月11日
写真館-夜の樹上にヤブキリ

今の季節は、庭で虫の声が鳴り響きます。
比較的近くでジーッと声が聞こえたので、懐中電灯とカメラを持って庭に忍び込んでみました。

いました、ヤブキリです。
木の幹を、もっさもっさとゆっくり歩いていました。
ごろんとした、のろまででかいバッタというイメージです。
羽根の先までだと5〜6cmもあり、ついつい飼ってみたいなという衝動にかられます。

いわゆるバッタ類は、よく見ないとその名前がわからない場合があります。
今回のように、夜に体の一部だけしか見えない場合はなおさらです。
顔の面のアールとか目の相対的な大きさとか羽根の相対比などで見分けたりします。

でも、一番わかりやすいのはやっぱり顔でしょう。
バッタ系はどれもイケメンなのですが、ジャニ系なのかお笑い系なのか劇団系なのかといったジャンルの違いはあります。
ちなみに私はジャニ系です。うそです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月10日
庭で見かけた昆虫たち

ちょっと庭をよく見るだけで、いろいろな昆虫がいます。

左上:山椒の木にいたアゲハの5齢幼虫
中上:同じく4齢幼虫
右上:同じく別の4齢幼虫
左中:ツマグロオオヨコバイの成虫
中中:同じく幼虫
右中:エンマコオロギのメス
左下:アオクサカメムシの幼虫でしょうか
中下:シロオビアワフキ2匹
右下:名前不明

庭にコオロギがいたことは朗報。
いっぱい卵を産んでくれれば、来年は近くでコオロギの声を聞けます。
他の昆虫はいわゆる害虫ですが、特に困ってはいないのでそのまま放置です。

作物の害虫も、作物が無ければ普通に生きている昆虫でしかありません。
人間以外のいろいろな命を感じるとき、それは心の益虫になり得るのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月09日
現在、4匹がサナギで1匹が5齢幼虫なのですが、サナギのようすをまとめてみます。

アゲハサナギの現状報告(拡大写真入り)

いまだ羽化のきざし無し_| ̄|○
予定では昨日が羽化予定日の1号くんも、緑あざやかで素敵です・・・(´・ω・`)

また何らかのきざしがありましたら、ここに書きたいと思います。

そんなわけで、小枝くんの超拡大写真を用意しました。
表面の質感や糸の食い込みが、ものすごくよくわかる写真になっています。(*´Д`)ハァハァ
500KBもあるので、興味のある方のみご覧下さい。

アゲハサナギの現状報告(拡大写真入り)
上の写真をクリックで超拡大

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月09日
アゲハ飼育ケースのおそうじ

幼虫のえさでもある山椒の葉も枯れ、底もふんだらけになっていたので、本日おそうじ実施。
庭にある新しい山椒の枝を入れ、底もきれいにしました。

黒い花瓶は100円ショップ、その横のびんはコショーの空き瓶です。幼虫が水死しないように、ティッシュでふたをしています。
サナギのうちの3匹はふたについているのですが、小枝くんだけは枝についているので、コショーのびんに枝をさしておきました。

よく見ると、枝中央部に小枝くんが見えています。撮影しやすいように、ケース壁よりにセッティングしました。
枝の先端部は山椒の枝と接しており、万一成虫が駆け上がっても大丈夫なようにしています。

庭の山椒の枝を切るとき、アゲハ幼虫の4齢と5齢を1匹ずつ発見しました。
卵から自然の中でここまで育った幼虫ですので、そのまま自然の中で成長させるように放置しました。

あと、同じ山椒の枝で5cmぐらいのはじめて見る幼虫もいました。調べてみたら、アケビコノハという蛾の幼虫のようです。
アケビコノハは、幼虫も成虫も見かたによってはきれいなのですが、見かたによってはものすごくグロなので、ここではあえて写真は掲載しませんが、興味のある方は検索でもしてみてください。
虫好きの方ならきれいと感じるでしょう。好きでない方は以後草むらには入れなくなるでしょうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る