2006年09月08日
写真館-ツマグロオオヨコバイ

雨が降っているわけでもないのに
ジョウロで水をやったおぼえもないのに
葉っぱが一部だけ濡れていたら、それはツマグロオオヨコバイのしわざです。

植物の汁を吸う昆虫なのですが、吸いながら排尿します。
植物の枝に止まっている間、延々と吸っては出し、吸っては出しの繰り返しです。
ずっとこの調子なので、いつの間にか葉っぱが水びたしになっています。

このツマグロオオヨコバイ、けっこういます。
色も色で模様も模様でかなり目立つので、容易に発見できます。

体つきや顔をよく見ると、セミにそっくりです。
このまま大きくして羽根を透明にしたら、もうセミになります。

この昆虫は、名前のとおり横に這います。
人の気配を感じると、カニのように横方向に歩いて反対側に逃げます。
ツマグロの「ツマ」は、「つま先」の「つま」です。端っこという意味になります。
羽根の端っこが黒くて横に這うので、ツマグロオオヨコバイという名前になっています。
「テントウムシ」のようなメルヘンは特にありませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月08日
今日は1号くんの羽化予定日なのですが、いまだ緑色。

羽根の模様が透けて見えるようになれば翌朝羽化となるのですが、いまだ緑色。

少しのんびりやさんのようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月07日
写真館-オオアオイトトンボ

窓から部屋に迷い込んだオオアオイトトンボ。
もしかすると、アオイトトンボのほうかもしれません。

光沢のある青や緑がきれいで、なかなかのイケメンです。
羽根が短いように感じますが、しっぽが長いのでそのように見える錯覚です。

トンボは昆虫の中でもはるか昔から生きている種族で、そういう意味ではあまり極端な進化をしなかったグループになります。
逆に言うと、完成度の高い生物ということが言えるのかもしれません。

撮影のあと、そっとつかまえて外のアサガオの葉っぱに逃がしてあげました。
しばらくはじっとしていましたが、ふと見たらいつのまにかいなくなっていました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年09月07日
本日、スズムシのメスが★になりました。

気温も急に低くなっている昨今、寂しい季節になります。

現在、オス1匹、メス1匹、チビスズムシ1匹。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2006年09月06日
カタツムリが飼育ケースの壁でモグモグしてたので、写真を撮ってみました。

もっと詳しいカタツムリの口もとの動画

ものすごいタラコくちびるでした。こんなにはっきり見えたのは初めてです。
さらに赤いのが見えますが、これが歯のようです。
その左側に舌のようなものが見えます。
これをふまえると、下の動画を見たときにその動きがよくわかります。



前に口もとの動きを書いたことがあったのですが、これを見ると少し違うようです。
舌で葉っぱを誘導し、それを赤い歯のところまで持ってきて押し付けるんではないかと思います。
押し付けられた葉っぱは、赤い歯のところで切り取られます。
動画で見える赤い歯のアールが、切り取られた葉っぱのアールとほぼ等しいのです。
動いているのは歯ではなく舌のようなものなので、おそらくこの予測は正しいです。

それにしても、舌の力はものすごいということになります。
いやはや、飼育をしているといろんな場面にでくわします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2006年 | 更新情報をチェックする
2006年09月05日
アゲハのサナギの色が変わった!

きのうのブログに書いた小枝くんです。
なんと、かっ色に変身していました!びっくりです。
シブい、シブすぎるぜ、小枝くんよ・・・。

イナバウアーくん(下の写真)は、こんなに緑色なのに。

アゲハのサナギの色が変わった!

実はアゲハのサナギの色には、次の3色あります。
・緑色:つるつるして湿気の高い場所に多い
・かっ色:ざらざらして乾いている場所に多い
・オレンジ色:冬越しするサナギで、通称「越冬蛹」

なるほど、つるつるしたふたの裏のサナギは緑色、ざらざらしたサンショウの小枝のサナギはかっ色なわけだ。
しかし、きのうの写真を見ると、サナギになったばかりのときは緑色でした。ここから1日で急速にかっ色に変わったようです。

気になることは、見ようによってはオレンジ色にも見えること。
そうなれば越冬蛹、つまり来春まで羽化しないということになります。
夜は15度ぐらいにまで下がるようになったここ北国岩手、もしかするとやばいかもしれません。
冬が来ると思い込んで、春まで眠るかもしれません。
なんとか、かっ色なことを祈ります。

他のサナギはまだきれいな緑色ですが、1号くんの羽化予定日は今週の金曜日です。
まもなく黒ずみ始め、そして羽根のもようが透けて見えるようになり、早朝に羽化するものと思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る