2006年09月24日
現在5匹のアゲハのサナギがいますが、その居住のもようが下の写真です。

アゲハのサナギ5匹のもよう

飼育ケースのふたの裏に4匹、山椒の枝に1匹おり、1号くん・天井くん・イナバウアーくん・小枝くん・最後くん の順にサナギになりました。
ふたの裏の4匹の位置関係が、これでわかると思います。
真ん中の小枝くんは別の場所にいますので、写真を貼り付けました。

5匹ともいまだ変化は見られず。まだまだ先は長そうです。

この5匹がサナギになるときに脱いだ抜け殻、捨てられませんw

アゲハのサナギ5匹のもよう


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月24日
写真館-シジミチョウの幼虫

庭を散策していたら、ツツジの葉の上に何やらふんを発見。
黒くて丸くて中央が凹んでいるこの形、間違いなくチョウの幼虫のふんです。
おまけにクモの糸のような糸も見えます。幼虫の吐いた移動用の糸です。
どこかにいるようなので、さがしてみました。

写真館-シジミチョウの幼虫

いました!
おお、我が家の庭にもシジミチョウの幼虫がいました!
大中小、3匹発見です。(下の2枚は同じ個体です)
他のチョウの幼虫の形とは一味違う、ワラジ形の幼虫です。
大きさは1cmぐらいでしょうか。
かなり平べったいので、葉の裏にいるときは、まず発見できません。

しかしです。
これがカタバミの葉ならヤマトシジミと断定できるのですが、葉はツツジの葉です。
シジミチョウのなかまは種類が多く、食樹もさまざまですが、その中にはツツジの葉につくものもいます。
○○○○シジミなのは間違いなさそうですが、断定できません。

写真館-シジミチョウの幼虫

この写真の左側が、カタバミです。
黄色い花を咲かせるどこにでも生えている小さな雑草で、庭にもたくさん生えています。

右側はアリです。幼虫の近くにアリが何匹かいました。
これは、幼虫が甘い汁を分泌するので、それをもらいにきているわけです。
アブラムシとアリの関係と同じで、お互いに共存の関係にあります。
しかも賢いことに、幼虫はアリの幼虫の体から出る物質と同じ物質まで分泌するので、アリから見れば「我が息子」になるわけで、アリがそばから離れないのもわかります。

アリのひとこと・・・
『おまえ、なにこんなところにいるんだよっ!しかも葉っぱなんか食って!ん?なんだこの香り・・・おお、甘い蜜発見、ひとまずちゅうちゅういただきます。さて、あしたは巣まで引っぱっていくからな。またあした。』

こんなことを毎日繰り返していくうちに、幼虫はいつのまにかサナギになるんでしょうw

シジミチョウの幼虫は平べったいので妙に気持ち悪いかもしれませんが、歩く姿は、オイッチニ、オイッチニというかんじで、むしろかわいくもあります。
アゲハチョウのように派手なチョウもいいですが、小ぶりで地味なシジミチョウもまた風情があって好きなチョウです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。