2006年10月10日
写真館-アキアカネが4尾、枝の先

時は今 蜻蛉舞ひ飛ぶ 神無月

そんなわけで、枝の先にアキアカネが4匹います。
カエルの声が聞こえなくなり、虫の声もかすかになり、今、アキアカネの乱舞の季節。
暑くもなく、寒くもない季節の秋。
しかしそのうつりゆく様は、最も季節らしいのかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年10月09日
写真館-親友アキアカネ

低気圧も去り、気温も20度近くまで上がった今日は、昆虫たちもいっせいに活動を始めます。

アキアカネ、通称“赤とんぼ”も庭に飛んできました。
しっぽの下が白いので、女の子です。
レンズをかなり近づけても、逃げないどころかしっかりカメラ目線のサービス。
いやはや、かわいすぎます。
おまけに、仲間のアキアカネが肩に止まるわ頭に止まるわで、すっかり親友状態。
ムツゴロウさんのように、ハイハイハイハイ言いながらシャッターを押したのでありました。

あんまりかわいいので、アイドル画像として竹下通りで売るつもりで切りぬいてみたのが、下の写真です。

写真館-親友アキアカネ

やべー、まじかわええ(*´Д`)ハァハァ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年10月05日
第1号のサナギが登場してから、もはや1ヶ月以上。
いまだに何の変化もありません。

もしかしたら羽根が透けて見えているかと毎日見ているのですが、目の前にはいつものサナギたち。

もしかして、ほんとにこのまま越冬するのでしょうか。
最近、こう思うようになりました。今羽化しても外は10度を切るような夜。日中も20度に届きません。かろうじてコスモスなどが咲いていますが、ちょっと寒すぎるんではないかなと。

今日、幼虫だったころの写真を見てました。愛嬌たっぷりで動き回ってた幼虫、この子たちを寒い空に放つのはつらいです。
どうせなら暖かい空に放したい、花のあふれる野に放したい、そう思えば、このまま越冬してもいいのかななんて思います。

家の中の暖房をつけないところに置いておけば、じっと越冬するはずです。
みんなといっしょに年を越すのかもしれませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年10月04日
写真館-コスモスとクマバチ

きのうの「ヒメジョオンとヒラタアブのなかま」に続き、今日は「コスモスとクマバチ」です。

すっかり肌寒くなってきましたが、急に気温が上がったときは虫の活動がものすごく活発になります。
花という花にはハチやアブ類が群がり、アブラムシのまわりにはアリ、ヨモギではハムシが交尾の嵐ですw

コスモスの花に止まり、口を伸ばして蜜を吸っているクマバチは、近くに寄ってもお構いなしで蜜を吸うのに夢中です。
10cmぐらいまで近寄っても、警戒する気配も無し。こちらが攻撃しなければ、大丈夫です。

ハチは刺すというイメージがどうしてもあり、怖い=嫌な存在になりがちです。
しかし、ハチにも刺す理由があり、自分の命を守るための防衛行動でもあります。
攻撃をしなければ防衛もしないわけで、やたらに刺すようなことはありません。
あとはいつものテレパシーです。

『何もしないよー、写真だけ撮るよー』

けっこう効きますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年10月03日
写真館-ヒメジョオンとヒラタアブのなかま

もうすっかり秋らしくなってきましたが、この時季はコスモスとヒメジョオンがよく咲いています。

そこにヒラタアブのなかまが、蜜を吸いにやってきました。
空中で静止する独特の飛び方なので、すぐわかります。
半透明のべっ甲のような腹やかっ色の羽根が、すごくきれいです。
口を伸ばし、ひとつひとつの花を舐めていました。

このヒメジョオンはヒマワリのような花で、黄色いところに小さい花が集まっている姿をしています。
いわゆる、花の形をした花の集合体のようなものです。

それにしても見事なバランスと色の体、もう少し大きければ、このまま置き物にしておきたい気持ちです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2006年10月02日
写真館-擬態するアマガエル

アサガオの鉢の上に住みつき、すっかり擬態も上手くなったアマガエル。

ヒマワリの葉っぱの上にいたころはあんなにきれいな緑色だったのですが、今ではもうすっかり土の色です。

紫のアサガオの茎にもめげず、緑の支え棒にもめげず、ちゃんと土の色になっている賢さは、さすがです。
じょうろで水をやるとびっくりして逃げますが、いつのまにかまたここへ戻ってきており、ここが住みかのようです。

いっぱい蚊を食えよぉー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。