2006年10月04日
写真館-コスモスとクマバチ

きのうの「ヒメジョオンとヒラタアブのなかま」に続き、今日は「コスモスとクマバチ」です。

すっかり肌寒くなってきましたが、急に気温が上がったときは虫の活動がものすごく活発になります。
花という花にはハチやアブ類が群がり、アブラムシのまわりにはアリ、ヨモギではハムシが交尾の嵐ですw

コスモスの花に止まり、口を伸ばして蜜を吸っているクマバチは、近くに寄ってもお構いなしで蜜を吸うのに夢中です。
10cmぐらいまで近寄っても、警戒する気配も無し。こちらが攻撃しなければ、大丈夫です。

ハチは刺すというイメージがどうしてもあり、怖い=嫌な存在になりがちです。
しかし、ハチにも刺す理由があり、自分の命を守るための防衛行動でもあります。
攻撃をしなければ防衛もしないわけで、やたらに刺すようなことはありません。
あとはいつものテレパシーです。

『何もしないよー、写真だけ撮るよー』

けっこう効きますw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。