2006年10月18日
写真館-チビドロバチの巣作り開始?

トックリバチかなとよく見たら、腹の段差が少ないのでチビドロバチだと思います。
木の樹皮のはげたところを、かなり長時間ガリガリかじってました。
巣作りの材料集めか、ここに巣を作るための土台確認かもしれません。

この種のハチは、土を唾液で混ぜて粘土を作り、とっくり状の巣を作る材料にします。小さな小さなウデのいい左官屋さんです。
そしてその中に卵を産み、孵化した幼虫のえさもいっしょに巣の中に入れます。

えさになるのは、蛾や蝶の幼虫。
親バチは、孵化した幼虫のえさになる蛾や蝶の幼虫を見つけると、麻酔をうって仮死状態にし、巣の中に入れて封印します。

麻酔をうたれて麻痺しているうちに卵が孵化し、ハチの幼虫が蛾の幼虫を食べるというわけです。

ここに巣を作ってくれれば観察できるのですが、材料集めだけをして他のところで巣を作っているのかもしれません。
明日、同じ現場をもう一度確認してきます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。