2006年10月30日
スズムシの卵の冬越し

この飼育ケースのマットの中には、スズムシの卵があります。
成虫時代にあった上層物を取り除き、木炭を置きます。
長時間乾燥しないように、週一回ぐらい霧吹きでしめらせます。

木炭には分解・吸着・水分保持などいろいろな効果があり、電磁波を遮断したりマイナスイオンまで出してくれます。
ただでさえ自然界の環境とは程遠い飼育ケースの中、この木炭さえあれば、かなり助かります。

今は飼育ケースの中には動くものはいませんが、成虫を飼育しているのと同じように卵を飼育しているだけのこと。
どちらも生き物であり、どちらも飼育なのです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。