2007年02月03日
写真館-ヒメバチのなかま

カタツムリ用に飼育しているダイコン菜を見てたら、1匹の小さなハチがすばしっこく歩いていました。
ヒメバチのなかまです。
体長は1cmちょっと。産卵管があるのでメスのようです。
おそらくマダラヒメバチでしょう。

写真館-ヒメバチのなかま

やや暖かい昼さがり、触角をすばやく動かしながらうろうろしていました。
しかしです。
このヒメバチ、こいつがアゲハの幼虫やサナギに産卵して寄生するのです。
ダイコン菜はアブラナ科、アブラナ科は幼虫の大好物、そんなわけでダイコン菜のあたりで幼虫やサナギを探していたのかもしれません。
あいにくわが家のサナギは室内にいましたので、無事でした。

写真館-ヒメバチのなかま

カメラに気づいたらしく、しばしにらみ合い。
危害が無いことを知ると、またうろうろしていました。

アゲハを飼っているとこいつはにっくき天敵なのですが、このヒメバチの母親も卵を産むところを探すのに必死です。
ヒメバチもまた生きていかなければならないため、気温が上がったわずかな時間の中で飛び交い、人間になんかかまっちゃいられないわとばかりに無我夢中です。
しかし、生き物が他の生き物に寄生するというのも、よく考えればかなり高度なことだと思いました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2007年02月03日
カタツムリ用ダイコン菜育つ

真冬の氷点下の中、ベランダのダイコン菜が成長しています。
葉っぱの形もギザギザになり、ダイコンの葉らしくなりました。
しかし、2列目3列目のまだ小さかった苗の3分の1ぐらいは茎が凍結し、土と化しています。
やはり、個体が小さいと凍ってしまうようです。
大きくなったのものは、凍りにくいのかもしれません。

北国は、これからが寒くなる時期。どこまで耐えてくれるのか心配ですが、このまま育てていきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。