2007年04月06日
みなさんの嫌いなワラジムシの登場ということで恐縮でありますm(__)m

写真館-ワラジムシの脱皮

ワラジムシが脱皮しました。白い物が脱いだ殻です。

ワラジムシは、前半分と後ろ半分の2段階に脱皮します。
脱いだばかりなので、よく見ると体の色も半分違います。

脱いだ殻は、キトサン質の栄養たっぷりなシロモノ。
このあと、やはり思った通りの行動に出ました。

写真館-ワラジムシの脱皮

貴重な栄養源ですので、食べはじめました。
アゲハやカブトムシなどの昆虫も、卵から孵化したばかりの幼虫は、卵の殻を食べます。貴重な動物タンパクなのです。

どうしてこんなにワラジムシの観察が続くのか・・・
それは、サクランボの木を育てている鉢に住み着いているのです。
この中に住んでいます。

外に置いているときに紛れ込んだらしく、そのまま暖かい室内での生活とあいなりました。
食べ物は、枯葉や朽木。鉢の土の半分がそれなので、かなり豊富にあります。おまけに適度な湿り気と暖かい気温。
鉢の中から逃げません(^O^)

子供も繁殖しているようです_| ̄|○

写真館-ワラジムシの脱皮

数十匹はいますが、出産したのでしょうか。
体長1mmぐらいなので、生まれたばかりかもしれません。
暖かくなっても元気なようなら、外に逃がしたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。