2007年04月26日
カタツムリの産卵をついに激写!

カタツムリが枯葉の中に頭を突っ込んだまま2日半。

ピクリとも動かず、かと言って体を引っ込めるのでもなく、置き物のように2日半。

いったいこのカタツムリはどうしちゃったんだろうと2日半。

寿命を迎えるときって、こんなに孤独な逝き方をするのかなと考えてた2日半。

カタツムリの産卵をついに激写!

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

白いの2個キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

今、今まさにここで産んでますっ!
しかも飼育ケースの端っこの見やすい位置で(ノ_・。)
こりゃたまらんということで撮影枚数数十枚。
しかしながら室内撮影で光源不十分なので、半分以上がブレ写真(´・ω・`)
なんとかうまく撮れたのが、上の写真です。

拡大してみましょう。

カタツムリの産卵をついに激写!

少し砂利を掘って産んでいるようです。
自然界のカタツムリは土を掘って産むので、掘ったのでしょう。
枯葉の下という湿度の安定した環境を選ぶのは、本能と言えど素敵です。
先日の産卵場所も枯葉の下でした。
枯葉は食べ物にもなるので、産まれた子供たちのことを考えれば妥当かもしれません。

それにしても、飼育ケースの中の赤玉土を入れた鉢は産卵場所の意味で入れたのですが、枯葉の下の砂利に産みました。
今ではこの赤玉土、すっかり養老設備となっております。

参考1 土風呂に入るカタツムリ
参考2 再び土風呂に入るカタツムリ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。