2007年06月07日
写真館-庭に常駐するヤブキリの幼虫

日光浴が好きなヤブキリの幼虫は、天気が良ければだいたいすぐ発見できます。
いつも決まった葉っぱの上で日光浴をしているかわいい奴です。

前に見たときより5mmぐらい大きくなって、今は1.5cmぐらいに成長していました。

それにしても、カメラをどんなに近づけても逃げない度胸の良さは、顔つきにも表れてるようで笑えます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2007年06月06日
写真館-折紙職人オトシブミ
1cmにも満たない小さなオトシブミ。
この昆虫の生態を知るとき、昆虫の知能の高さを感じざるをえません。

写真館-折紙職人オトシブミ
こんな形の昆虫です。このときは飛び立つ瞬間だったため、羽根を広げかけています。
首が長いというか頭が細いというか、昆虫の中でもかなり特異な形状をしています。

このオトシブミは、葉っぱの折紙職人です。
要は、葉っぱの中に産卵するのですが、その過程が天才的です。
1.良さそうな葉っぱがあると、汚れてないか大きさはちょうどいいか、葉っぱの上を歩いて計測する。
2.折りやすいように適度にしおれさせるために、葉っぱの芯をガブリと噛むが切断はしない。
3.両端を測ったようにきれいに切る。
4.芯のところに移動して、しおれかけた葉っぱを左右の脚だけの力ではさんで、むんずと折り曲げる。
5.このころ、1個の卵を葉っぱに産む。
6.もどらないように、切り込みを入れて接着効果を出す。
7.丸める。しかしただ丸めるのではなく、もどらないように絶妙な切り込みと折り目を入れながら丸め込む。このあたりが高度な折紙技巧と似たものがある。
8.さらに丸め込んで、またもや絶妙な手法で接着効果を出して完成させる。
9.芯を切り落とし、地面に落下させる。

完成したものが、これです。

写真館-折紙職人オトシブミ
直径が1cmぐらい、長さが2cmぐらいの樽状のものが2個あります。
これ、1cmもない昆虫が作りましたw
左の樽状の上に、葉っぱが切られた跡が見えます。
切り口や折り目を上手に入れながら、あの細い脚だけでここまで折って丸めたのです。
キーを見ながらでないとキーボードを打てないぼくより高等ですw

この中で卵が孵化し、樽状の葉っぱを食べた幼虫は、この中でサナギになります。
そして羽化してこの中からようやく出てきます。
出てくるときに穴を力いっぱいあけて出てくるので、細い頭をしています。いわゆる千枚通しのようなもんでしょう。

さらに接写をしてみました。

写真館-折紙職人オトシブミ
端っこのところ、まさに折り込みながら丸めたようすがわかります。
いやはや、職人というものに人だ虫だの境界などありませんな。
オトシブミよ、あんたはすごいよ、ほんと。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2007年06月05日
はじめは大事件だった産卵も、こうも続くと日常茶飯事になってしまうのはどうしたものかと。

そんなわけで、少し前に3箇所に産卵があり、200個前後追加になりました。昨日も15個ぐらい産卵がありました。

孵化のほうも、第一陣はブログに書いたとおりですが、その後第二陣・第三陣と孵化があり、赤ちゃんがすごい数になっています(*^^*ゞ

さて、産卵の話に戻りましょう。

カタツムリの産卵の瞬間

枯葉の下にもぐりこみ、奥まで来たカタツムリは、深い穴を掘ります。
少しずつゆっくりと掘り、1cmぐらいの深さまで掘ると、数時間そのままの姿勢でいたあとに産気づきます。
上の画像は、穴を掘り終えて産気づこうとする瞬間です。

それでは、産気づくあたりから産卵の瞬間までを、例のごとくGIFアニメにしてみましたので、見たい人だけ。

カタツムリの産卵の瞬間の動画
カタツムリの産卵(9.25MB)[クリックで拡大表示]

雰囲気としては、ウミガメの産卵に近いです。
出るところが、前か後ろかの違いです。
産み落とされた卵はぬるぬるの粘液で覆われており、このあたりも似ています。

右上のほうで動いているのは、別のカタツムリ。
産卵中に気づいたのか、落ち着きのない状況のようです。
普段は落ち着いているようなカタツムリでも、こうしてGIFアニメにするとそわそわしているのがわかりますw

.........@ノ”<君も落ち着きが無かったじゃないかー      (^^ゞ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年06月04日
イチゴや甘夏やサクランボの他にも、実は細々育ててるものがあります。

スナップエンドウ
スナップエンドウです。2cmぐらいになりました。
茹でてサラダにすると、プチプチした歯ごたえで美味いです。
マメ科なので、いろいろな昆虫が葉っぱを食べにくるのが気になるところ。

ゆず
ゆずです。種を蒔いたら芽が出てきました。
現在育てている甘夏とそっくりな芽。柑橘系は似ています。

アメリカンチェリー
アメリカンチェリーです。ワイン色のサクランボです。
サクランボ系の発芽を期待するには、外皮と内皮を取り除かないといけません。これがまためんどうです。
めんどうなことをやったら、ちゃんと芽が出てきました。

どれも今年蒔いたものなので、まだまだ小さいです。
スナップエンドウ以外は、ほとんど趣味です。スナップエンドウだけは真剣に収穫を期待してますので、石灰やら腐葉土やらしっかり土作りをしました。
現在、農業に転職を考えています。嘘です(*^^*ゞ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | スナップエンドウ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
2007年06月03日
羽化撮影の舞台裏

最後のアゲハチョウの羽化ですが、インターネットでライブ生中継も同時にやりました。
左上の丸いカメラが、ライブ生中継に使ったカメラです。

下の4枚の画像が、ライブ生中継の画像です。
画質は良くありませんが、15秒に1回静止画を送り続ける方式なので、リアルタイムに見ることができたと思います。

右上は、本ブログ用画像を撮影しているところです。
三脚固定でインターバル撮影をしました。
他の画像にも、このカメラが写っているのがわかります。

左上の画像は、もう1台のデジカメで撮影しました。
左下の画像に、そのデジカメの先っぽが少し写っています。

アゲハの羽化撮影もこれで終わりなので、気合いが入りました。
日曜日に羽化してくれたアゲハチョウに感謝です。

今頃どこで何してんのかな…
タグ:アゲハ 羽化
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(30) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2007年06月03日
一匹だけ木の枝でサナギになったアゲハチョウの幼虫、色も一匹だけ茶色でした。
このサナギが昨日の夕方から黒くなり始め、今日の昼ごろに無事に羽化しました。

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 12:28 体が半透明になったサナギ

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 12:29 サナギが割れて羽化の開始です

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 12:30 触角を伸ばしてモソモソ出てきます

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 12:31 あっという間に上まで移動

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 12:32 この場所で羽根を乾燥させるようです

このあと、羽根を徐々に伸ばして乾燥させます。
腹部にいっぱい入っている体液を羽根に送り込み、羽根を広げます。
羽根が伸びていくごとに腹部がしぼんでいくのは、このためです。

それでは、羽根が伸びていくようすを見てみましょう。
12:28〜13:42に1分間隔で撮影したものです。
アゲハチョウの羽化
クリックで大きく表示

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 13:43 羽根が完全に伸びきりました

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 13:46 ケース内でしばらく休ませます

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:30 ベランダに出して外の気温をわからせます

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:30 君とももうすぐお別れだ…

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:33 久しぶりのご対面だったのにね

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:36 何か話しかけられているように感じた

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:38 丸まった口は芸術的でもあり

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:46 春の陽射しを浴びて体を温めます

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:46 焼きつく思い出なれど祝福の時

最後のアゲハチョウの羽化成功
2007.6.3 14:46 体を温めるのは太陽だけかもしれません

この直後、飛び立ちました。
5〜6mの高さで、周囲を見渡すようにぐるりと一周半して見えなくなりました。

最後のアゲハチョウの羽化成功

さっきまで止まっていた枝。
抜け殻が時々風に揺られるだけの枝になりました。


昨年の8月に孵化したばかりの幼虫の保護で始まったアゲハ飼育、5匹中2匹は残念な結果となりましたが、3匹を自然に返すことができました。
10ヶ月続いたアゲハ飼育も、ようやく終了です。
住人のいなくなった飼育ケースのあとかたづけは、明日にでもします。

    。    。
    \ /
  _ iii?o?o__
 (◆ iiiii ゚ー゚)ii◆)<また卵産みに来るねー♪
  \_|U_| __/
   (__UU_)                       Σ(゚д゚lll)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。