2007年07月09日
カタツムリの赤ちゃんの成長

直径3mmほどの卵から孵化したカタツムリも、ご覧の通りとなりました。
殻の直径は約8mm、体は1cmを超えています。
キャベツもよく食べており、今のところ健康優良児のようです。

ただ、1匹だけちょっと変わった子がいます。

カタツムリの赤ちゃんの成長

なんと、茶色い筋の無い子です。
生まれたときから筋が無く、その後も順調に育っていますが、いまだに筋が見えてきません。
よく見ると、それっぽいのがようやくうっすら見えかかっていますので、これから濃くなっていくのでしょうか。
体調はこれといって問題も無く、むしろ反射神経は高いほうで、運動神経優良児ですw

そんなわけで、すくすく育つカタツムリの赤ちゃんなわけです。

.........@ノ”<2年前の自分を思い出すお


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年07月08日
写真館-思いにふけるカエル

『あーあ、雨降りそで降らないなぁ・・・』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2007年07月07日
写真館-希望に満ちるカエル

『ぼくの季節がクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2007年07月06日
写真館-怒るカエル

『目がくらむから、フラッシュつけるなって言っただろ(゚Д゚)ゴルァ!!』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2007年07月05日
メロンを食べるカタツムリ

時々カタツムリにおやつをあげるわけですが、今回はメロンにしました。
もちろん人が食べたあとのものをあげるということになります。

リンゴ、バナナ、レッドグローブと甘いものにはまっしぐらだったカタツムリ。
今回もすごいです。
無理な姿勢であっても、とにかく口だけは動かして食べ続けたいといったオーラが感じられ、殻が写っていないのでナメクジのようですw
メロンのまわりにはさっそく全員集合状態で、食う食う!
半日以上も食べ続け、メロンが月のクレーターのようになってしまいました。

今までの食いつきトップはバナナでしたが、メロンも同率1位です。
ここまでがっつくとは予想以上でした。
よっぽどおいしかったとみえます。
あんまり高級なものをおやつにすると舌が肥えるので、またしばらくはキャベツの日々を続けます。
次はスナップエンドウでもあげてみましょうかw

.........@ノ”<ワゴンセールの210円のメロンにしてはおいしかったお        (*^^*ゞ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(12) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年07月05日
スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

孵化しないなぁ、冬の管理失敗したかなぁと思っていたら・・・


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

シロアリみたいなのキタ━(゚∀゚)━!
触角を入れない体長は3mmぐらいで、意外と大きな印象です。
体がまだ白くて半透明なので、生まれたての幼虫です。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

数時間すると、左側の個体のように黒く色づきます。
そんなわけで、まだまだ孵化が続きそうなので、前から用意していた幼虫飼育用のケースに移すことにしました。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

上から見ると、こんなかんじです。
幼虫の数が多いと予想されたので、ふたまわりほど大きなケースにしました。
スズムシは垂直な面に張りつく習性があるので、木材もそのように配置します。
あとはお決まりの湿らせた木炭、エサ台です。
このエサ台には苦労しました。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

100円ショップで売っていた旅行用のクリーム容器を穴に入れたら、1mmほど大きくて入りません。
ドリルがあるわけでもないので、1時間ぐらいかけてカッターと紙ヤスリで穴の直径を広げました。
あと、野菜を刺す爪楊枝を地面に刺すと不安定になったり、地面と接触してカビが生えたりするので、エサ台につまようじが刺さる穴を開けました。深さは、1cmぐらいです。
入っているのは、100円ぐらいのスズムシの粉末エサです。
煮干しやカツオブシでもいいのですが、散らかってけっこう手間がかかるのでこれにしました。野菜は、明日にでも買ってきます。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

どこからか飛んできた種から、正体不明の芽が出ていました。
とりあえず、このまま放置します。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

正面から見ると、こんなかんじです。
木材は垂直面を意識して設置したので、水墨画のようになっていますw
木炭の前の正体不明の芽が、不思議といいアクセントになっている気がします。
土は、適度に湿らせた赤玉土です。湿っているので木材に多少のカビが発生しますが、多少なら放置します。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

さっそく木炭のところで休むスズムシの幼虫。
尾の先についているものにも毛が生えているのが写っています。
ここで風の変化を感じ取ります。
スズムシは音よりも風に敏感で、息を吹きかけるとびっくりして暴れますので、注意しましょう。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

まだ孵化していない卵もありますが、うっすら黒い点が見えます。
これは、目です。まもなく孵化する卵になります。


スズムシ孵化キタ━(゚∀゚)━!(動画つき)

これが孵化の瞬間の画像です。
薄暗いところでのマクロ撮影ということで、あまりいい写真ではありません。
孵化の様子を上から見てると、今まで何も無かったところから、いきなりにょきにょきと小さなタケノコが生えてくるように見えます。
孵化の動画を撮ってみましたので、掲載します。



長い触角を出すのに大変そうですが、なんとか孵化に成功しました。
横に移動する小さな白い虫は、ワラジムシの赤ちゃんですw
ワラジムシの卵もいっしょに孵化したようで、どうしたものかと思う次第。


孵化した個体数は、いまのところ20〜30匹ぐらいです。
まだまだ生まれてくるはずですので、追って書きたいと思います。

霧吹きを吹きながら8ヶ月間待ちました。
6月になっても孵化しないので、冬期間の管理に失敗したかなと思ったのですが、去年のスズムシの親から預かった卵を、なんとか孵化させることができました。

孵化したスズムシは、これから約4ヶ月の人生です。
卵で8ヶ月、外に出て4ヶ月。
飼育をしてると、生き物の一生の不思議さを時々感じます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。