2007年07月10日
写真館-滑空飛行、ホシミスジ

連日このチョウが庭に来ています。
幼虫の食草を調べてみると、ユキヤナギ、コデマリ、シモツケらしいですが、庭にあったかなぁ・・・。
連日来るということは、はっきりとした目標があるわけで、どこかに食草があるのかもしれません。

このチョウの飛び方が、実に可憐です。
パタパタと飛ぶのではなく、ヒラヒラーーーー、ヒラヒラーーーーと飛びます。
擬態語というのはむずかしいもので、おそらく伝わっていないものと存じますw
要は、滑空を繰り返して飛んでいるかんじで、上品なイメージです。
体の大きさも大きくもなく小さくもなく、色もモノトーンのしぶめ模様で羽根の形もマイルドで、けっこうかっこいいチョウです。
よく見ると、触角の先端がひそかに黄色。
これはすごい、このワンポイントのセンスの良さ、さすがです。

昆虫の写真を撮る面白さは、色や形のすばらしさもひとつの要因になっています。
ゆっくりじっくり眺めていたい、でもすぐにどこかに飛び去ってしまう、だからこうやってゆっくり見れるようにシャッターを押しているのかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2007年07月10日
孵化したスズムシの初食事

孵化して数日すると食事を始めますが、その時期に入ったようです。
動く口元までは見えませんが、頭を上下に動かしているので、確実に食べています。

先日書いたつまようじの穴は、このようにして使います。
エサ台に刺すので、安定感があります。
つまようじのかけらは、容器がプラスチックなのではしご代わりに置いてみたのですが、無くても出入りできているようなので、余計な心配でした。
左側のえさ台には、えさをそのまま入れています。
穴を拡張するのがめんどうなので、そうしているだけですw

ここで注意。
奥に見えるのは水を染み込ませた脱脂綿です。
水飲みの目的で置きましたが、今日この場所で数匹が★になりました。
水死ではなく、おそらく脚がからんで脱出しようとして力尽きたのだと思います。
成虫のときに用いてた方法なのでやってみたのですが、生まれたては力も弱く、この方法はまずいようです。
さっそく、この容器は取り去りました。

まだまだ小さいので写真を撮ってもその全貌が見えてきませんので、接写画像をちょっと掲載します。

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

しかしまあ、アリレベルに撮影がむずかしい被写体ですなw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。