2007年07月20日
写真館-羽根を切り落とす結婚飛行後のアリ

きのうのクロヤマアリではありませんが、結婚飛行後のアリが着地し、羽根を切り落とす瞬間です。
アリとは思えないような立った姿勢になり、ゴミをはらうかのごとく、いらなくなった羽根を切り落とします。
腹が大きいので、おそらく将来の女王アリです。大きさはクロヤマアリほどですが、たぶんアカアリ系の女王アリだと思います。


写真館-羽根を切り落とす結婚飛行後のアリ

片方の羽根を切り落とし、しばし休憩中の女王アリ。
かなり丈夫な接合部なはずですが、コツがあるのか、サクっと切り落とします。


写真館-羽根を切り落とす結婚飛行後のアリ

カメラを嫌がって、場所を変える女王アリ。
もう片方の羽根を切り落としたあとは、巣穴に都合の良い場所を見つけて穴を掘り、産卵を始めます。


写真館-羽根を切り落とす結婚飛行後のアリ

そんなところへ、どこかの巣のクロヤマアリです。
すでに羽根を切り落とし、新しい巣を掘る場所を探しています。
頭が入るほどの穴状のところがあると、必ず頭を突っ込み、先へ先へと歩いていきます。
腹がパンパンなので、こちらも女王アリです。

この時期はアリの結婚飛行らしく、いろいろな種類のアリで同じような様子を観察できます。
なんとなくですが、湿度が高いことが関係あるような気がします。
一ヵ所の土地で数種類の羽根が生えたアリを見ることができる、まさに結婚シーズンなわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2007年07月20日
写真館-クロヤマアリの結婚飛行

クロヤマアリの結婚飛行に遭遇しました。

巣の中からたくさんのアリが出てきて、その中に羽根のはえたアリもたくさんいました。
この中にはオスもメスもいて、他の巣から結婚飛行してきた相手と空中で交尾します。
メスはどこかに着地して女王アリとなりますが、オスはまもなく死んでしまいます。

飛ぶための羽根を動かす筋肉が発達して、異様に大きくなった胸部。
触角も直線的に変わって、交尾専用体型へと変わっています。
変態に代表されるように、都度都度で役割に応じるように体の形を変える昆虫という生き物は、これはこれでものすごいことだと思います。

ヒトが作った文明社会の片隅で、アリはアリでしたたかに着実に生きています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。