2007年08月05日
ヘブンリーブルーのつぼみ現る

当初はマルバアサガオの飼育日記だったのですが、途中からヘブンリーブルーの飼育日記になりつつあるこのカテゴリー。
そんなわけで、つぼみがでてきました。

つるは上へ上へと伸び、今では2.5mぐらいです。
からまるところをすでに無くし、これからどうするか検討中です。
それにしてもヘブンリーブルー、茎もつるもしっとりしてて気色悪いわ、茎の途中から根が出てくるわ、不気味です。

コスモスにもヘブンリブルーにも言えるのですが、いい株と悪い株があるようです。
悪い株は、たいして茎も太くもないのにすぐ枝やつるを伸ばして、先へ先へと伸びていきます。
いい株は、縦の成長を一時期ぴたりと停止させて太くなっていき、突然ものすごい勢いで成長します。

マルバアサガオもそうでした。
芽が出て双葉が出て本葉を4〜5枚出した後、なかなかつるを伸ばさない株があります。これが、いい株です。
見る見るうちに太っていき、丈夫そうな株になります。
そこからつるを伸ばして急成長しますが、根元が丈夫なのでその後もいい花を咲かせます。

コスモスも1株は開花していますが、他の株はいまだにつぼみも見せないいい株のようなので、わくわくしながら見守っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2007年08月05日
巨大輪咲ロシアヒマワリ開花

数日前に黄色い花びらが見えていたので、まもなく開花だなと思っていたら


巨大輪咲ロシアヒマワリ開花

本日、見事に開花しました\(^O^)/
しかしながら、花を撮影するといっても背丈は2mを超え、ご覧の角度となりました。
さすがに巨大輪咲ロシアヒマワリなだけあって、どこまでもどこまでも大きくなりました。
茎なんか、こんなです。


巨大輪咲ロシアヒマワリ開花

秋になったら、物干竿が数本収穫できそうです。
ほとんど肥料を与えていないのに加えて、地質は石ころごろごろ粘土質という最悪の状況にもかかわらず、種の袋の裏に書いてある背丈以上に成長しました。

しかし、失敗したことがあります。
花に集まる昆虫を接写できませんw
たまにはゆっくり蜜を吸わせようかと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒマワリ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
2007年08月05日
写真館-不思議な進化のグンバイムシ

初めて見る昆虫なので調べてみたら、キクグンバイのようです。
グンバイムシという名は聞いたことがあったので、そのなかまということになります。

前部の透明な部分、羽根なのか体の一部なのかわかりません。
前羽根が退化したようにも見えますし、カメノコハムシのように甲羅状のものが透明になったようにも見えます。
うしろの羽根は折りたたんだように見えるので、たぶんこれで飛ぶんだと思います。

いずれにせよ、進化の途中というか退化の途中というか、不思議な姿です。
初めて見る昆虫がまだまだたくさんいる地球という星は、まさに昆虫の星と言えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る