2007年10月12日
写真館-ちっこいヒメカメノコテントウ

有名なナナホシテントウの半分ぐらいの大きさのちっこいてんとう虫です。
縁のところが半透明になっているところが、カメノコハムシにも似ているところ。
ツマグロオオヨコバイのように、葉や茎の反対側に逃げます。

めっきり寒くなり、昆虫たちの姿もかなり減りました。
外で鳴いているコオロギの数も、日増しに減っているように感じられます。
静かに、そして着実に冬が近づいています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。