2007年12月13日
オオカマキリの産卵シーンの動画

おなかがぷっくりふくらんでいたオオカマキリですが、産卵が始まりました。
飼育を開始してから2度目の産卵になります。
この写真は産卵中のもので、泡もまだ固まっていないときのものです。

その産卵中のオオカマキリを動画に撮ってみました。



おなかの先を実に器用に動かしながら、泡というコントロールしにくい物質を成形していきます。


オオカマキリの産卵シーンの動画

時間が経つと黄色っぽくなり、泡も固まってしまいます。
このままでは暖房効果で孵化してしまう可能性があるので、前回同様取り外すことにしました。


オオカマキリの産卵シーンの動画

中に入っているのはカスタードクリームではなくて、卵になります。


オオカマキリの産卵シーンの動画

前回の卵のうといっしょに、暖房の無いところに春まで保管します。
こうやって見ると、前回より大きさも小さく、形も不成形です。
体の老いは、このように卵のうに現れます。

イエコオロギとミルワームを食べながら、ご老体のくせに一生懸命産卵してくれました。
大きさはどうであれ、形はどうであれ、この中には遺伝子を引き継いだ卵が入っています。
春になったら自然にかえすことをカマキリと約束したので、約束は守りたいと思います。

カマキリの最近のようすは、獲物を追いかける勢いが弱まってきたように思えます。
捕獲に失敗することも見られるようになり、さすがに老いを感じます。

丸一日捕獲できなかったときには、口もとに運んであげています。
食欲には変化が無く、一日に2匹食べることもあります。
味のいいミルワームは残さず食べることは以前書きましたが、イエコオロギの場合は胸部しか食べないようです。

よく観察してると、捕獲後は必ず首に近い胸部から食べ始めます。
そこから腹部方向へと食べ進み、腹部に達すると一瞬動きを止めます。
たぶん妙な味がするんだと思いますw
その時点で頭部を食べることもなく、地面に落としてしまいます。
あと、後ろ脚もよく食べますが、前述のごとく食べる前に地面に落とすこともしばしばです。
要は、イエコオロギの場合は肉がおいしく、内蔵はおいしくないようです。
トンボの場合は、胸部に加えて頭部の味もいいらしく、好んで食べますが、しっぽは必ず残します。
ミルワームは言うまでもなく、完食となります。ハエも完食します。

暖房が切れた状態の室温も日に日に下がり、携帯カイロも貼るタイプから貼らないタイプに変えました。
貼らないタイプのほうが、最高温度が高いのが理由です。
雪が降る季節にカマキリといっしょにいることは不思議ではありますが、これもひとつの出会いです。
一日でも長くいっしょにいられるようにしたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る