2007年12月16日
イチゴの苗の葉に異常発生

ベランダのプランターで育つイチゴの苗の葉に、変色の異常が見られました。
病気に弱い、肥料のバランス加減が微妙、さんざん難しいとされてきたイチゴの栽培。
今まで不思議なくらい順調でしたが、ここにきて初めての異常発生です。


イチゴの苗の葉に異常発生

ここまで変色している葉もあります。
考えられる外的要因は、寒さ、肥料のバランス崩れ、水分不足、水分過多などだと思います。
それによって、根ぐされなども起こったりします。


イチゴの苗の葉に異常発生

葉の端から枯れているものもあります。
いずれも病的なほど急速に広がっているものではないので、根ぐされではないような気がします。
家に昔からあるイチゴの苗は、毎年冬になると葉が全部真っ赤になってしまいますが、春には花を咲かせて実をつけます。
今回のこの症状がたいしたことのないことなのか、たいしたことなのか、その判断がつきません。
このまま進行度に注視しながら、様子をみたいと思います。


イチゴの苗の葉に異常発生

葉大根のほうは、寒さに耐えながらゆっくりゆっくり成長中です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | イチゴ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る