2007年12月23日
オオカマキリが負傷!

オオカマキリがイエコオロギの逆襲にあいました。
左のカマに傷があって噛まれたことはわかっていましたが、内部にばい菌か毒性のある物質が入ったらしく、どんどん変色して、今では左のカマ全体が変色して全く動かなくなりました。

かじられたせいもあり、獲物の捕獲に対して恐怖感も持ったようで、目の前にえさを差し出してもカマで攻撃して避けるような行動もするようになりました。
それでもねばってなんとか捕獲させていますが、自分で捕獲するのはかなりきびしいようです。
えさもイエコオロギには完全に恐怖感をもっているので、もっぱらミルワームになっています。

ただ、腹を見るといつもより呼吸が荒く、痛んで苦しそうです。
そのせいか、ミルワームでさえ捕獲して食べるまでにかなりの時間を要します。
捕獲といっても、目の前に差し出してあげて、自分からカマではさむのを待つやりかたです。
片手ではさんで食べるので、持ち替えができません。
したがって、口側にある部分を食べると、あとは落としてしまいます。

全体としては元気そうですが、呼吸の荒さが気になります。
カマの変色は全体に進んでおり、ばい菌がカマから体に移った時点で危険になります。
無理にカマを切断しても、体液の流出に耐えられないでしょう。
ご老体なこともあり、物理的なことはできません。

いろいろ話しかけるのですが、おびえているのか痛みでそれどころじゃないのか、通じません。
人の指を攻撃したり噛んだりしないのは前と変わりませんが、食べる回数が減っているので、栄養面も心配です。
とりあえず、自分で捕獲するのは無理そうなので、毎日ミルワームを口もとに運んで、食べるように薦めたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る