2008年04月18日
ゴミムシダマシの成虫・サナギ・幼虫

羽化直後のゴミムシダマシです。
毎日のように、このような成虫がどんどん生まれています。
数日で茶色くなり、5〜6日で真っ黒になります。


ゴミムシダマシの成虫・サナギ・幼虫

こちらは、羽化直前のサナギです。
脚の外側と「ふ節」がここまで色づけば、24時間以内に羽化します。
この状態からやや白っぽくなれば、数時間以内に羽化します。
さらに、腹を曲げたり伸ばしたりし続ければ、30分〜1時間で羽化です。


ゴミムシダマシの成虫・サナギ・幼虫

こちらは、昼寝をするゴミムシダマシの幼虫、ミルワームです。
まっすぐになって動かなくなれば、普通は脱皮か!蛹化か!死んだのか!と思いますが、このミルワームはこのあと何事も無かったかのように、また動き出して潜っていきます。
体の中では脱皮や蛹化のための形成変化が起こっているのかもしれませんが、無防備でなかなかかわいい瞬間です。

カブトムシでもなくクワガタでもない、ありきたりな小型昆虫ゴミムシダマシですが、こうやって変態を観察しながら飼ってみると、なかなかかわいいもんです。
生きるということへのひたむきさや執念が感じられ、尊重する気持ちが生まれます。

それにしてもこの「ゴミムシダマシ」という名前はなんとかならないもんでしょうか。
ゴミに集まる虫のニセモノということですから、クズのカスということになります。
正式名称になると「チャイロコメノゴミムシダマシ」ですが、これも「米につく茶色いゴミムシのような変な虫」ですから、もっとかわいそうです。
せめて「ダマシ」ではなく「モドキ」にしてほしかったと思います。
ちなみにぼくの正式名称は、イロジロチビノジャニーズモドキかもしれませんw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | ゴミムシダマシ(ミルワーム) | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。