2008年05月23日
クマガイソウとアブラムシ

家の庭で、クマガイソウが咲いています。
その上に、なにやらアブラムシのような…


クマガイソウとアブラムシ

ここですw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年05月23日
冬眠から目覚めたカエル

今春で初めてのカエルと会えました。
しかも生長しきった大人、冬眠から覚めたカエルです。
たぶん、いつか石の下にいたカエルだと思います。
地面の多いところによくいるらしく、擬態した色が白色になっています。

今の時季は、田んぼに水が張られて交尾の季節です。
そこから、卵→おたまじゃくし→カエルの子となり、ヒマワリの咲くころには田んぼから少し離れたこのあたりにも姿を見せます。
冬眠組や交尾後の親カエルも同時に姿を見せ、若カエルと爺カエルが混在します。

えさとなる小さな虫も姿を見せ、気温も暖かくなり、あいあいさんも毎日水遣りをするようになり、カエルの活動季節となりました。
今年もいっぱいカエルを撮るどぉー♪
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2008年05月23日
ゴミムシダマシよ元気でナ

懐かしの昭和流行歌のようなタイトルですが、本日ゴミムシダマシ全匹を自然に帰しました。
オオカマキリのえさに困って買ってきたミルワームですが、まさか成虫になって春までいっしょにいることになるとは思いませんでした。
おかげで脱皮だけでなく、蛹化や羽化まで見ることができました。
すばしっこくて臆病な昆虫でしたが、ヨモギハムシにも似た表情があることも観察できました。

思えば、突如のカマキリ飼育がきっかけになったゴミムシダマシとの出会い。
あのオオカマキリには、ほんと感謝の気持ちでいっぱいだわさw
いっぱい卵産んで、会社の庭をミルワームだらけにしろよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ゴミムシダマシ(ミルワーム) | 更新情報をチェックする
2008年05月23日
とにかく小さいミツボシツチカメムシ

ちっこくて丸いものが動いているので見てみると、カメムシでした。
体長5mmほど。ナナホシテントウよりひとまわり小さいぐらいです。
幼虫かと思いましたが、羽根は成熟してて白い点が3つあります。
この時点で、ミツボシツチカメムシになります。
白い点が無いと、ツチカメムシです。
右側の触角が萎縮したように見えますが、羽化のときの不全だと思います。1本でも大丈夫、ちゃんと生きて行けます。


とにかく小さいミツボシツチカメムシ

ふちのところが白くなっているのも特長です。
大きさは小さいですが、けっこうかっこいいミツボシツチカメムシなのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月22日
姫の埋葬

★になった姫を鉢に埋葬し、先日芽を出したミニヒマワリを植えました。


姫の埋葬

兄弟たちとも隣同士。久々の再会になります。
また新しい姿で、地球の一員になってください。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
2008年05月22日
姫の旅立ち

2005年9月、庭で見つけた5匹のカタツムリ。
直径1cmぐらいの子どもだったので、飼ってみようと思いました。
あれから2年8ヶ月、あのときから飼いはじめた最後の個体の姫が、静かに★になりました。


姫の旅立ち

直径4cmほどまでに生長した姫は、貫禄さえありました。


姫の旅立ち

年輪のように刻まれた1本1本が、そのまま姫の生長記録です。


姫の旅立ち

交尾相手となった野生ちゃんと、最期のお別れ。


カタツムリを飼いはじめて初めての冬に1匹が★になりましたが、その後4匹体制でしばらく飼育が続きました。
去年の今頃に3匹が交尾しあって産卵しましたが、姫だけは交尾せず、産卵も確認できませんでした。
生長し終わるのも姫が一番遅く、上限を超えてどんどん大きくなり、他の3匹の兄弟よりもひとまわり大きくなって、ようやく生長が止まって大人になりました。

3匹の兄弟たちが★になっていく中、途中参加した野生ちゃんと交尾し、野生ちゃんが産卵しました。
交尾後の姫は、急におとなしくなりました。
適齢期を過ぎての交尾で、体力をいっそう消耗したと思われます。

姫が★になっていた場所は、カットルボーンを入れているプラスチックのケースの中でした。
ちょうどカットルボーンの裏側になり、ひとりになれる空間です。

カタツムリが人になれることを教えてくれたのは、姫でした。
人を長時間観察し、ふたを開けるとよってくるその反応は、明らかに人を意識したものでした。
時にはカメラを意識して、ポーズをとってくれたこともありました。

初めてカタツムリを飼育し、その第1世代の最後の個体の姫が★になり、ここにひとつの季節が終わりました。
寿命が1年の昆虫ばかり飼ってきたので、こんなに長くいっしょにいたのは初めてでした。
そのおかげで、姫はたくさんのことを教えてくれました。
でも、そのおかげで寂しさもたくさんになりました。
飼育のすばらしさを教えてくれてありがとう。安らかに。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。