2008年05月10日
ツヤ消しボディのビロウドコガネ

普通コガネムシ系の体はツヤツヤなのですが、このビロウドコガネは体表に細かくて短い毛が生えているため、ツヤツヤしません。
体長は1cm弱ほどです。似たような昆虫にオオクロコガネがいますが、こちらは2cmほどあるので、簡単に見分けられます。

毛が生えているといえば、カブトムシのメスも同じような黄色い毛が生えています。産卵時に地面に潜っているときの移動のしやすさや汚れの防止に役立っていると思われます。

昆虫の名前にはいろいろありますが、このビロウドコガネという名前はいいと思います。ビロウド(ビロード)ということで、なんとなく大切にしたい気持ちが生まれます。
それに対して、ゴミムシダマシという名前はなんなんでしょうw
ゴミに集まる虫の….........@ノ”<ぁぃぁぃ前に書いたでしょ、それ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月10日
白・桃・赤のシバザクラ

毎年春になると咲くシバザクラです。
多年草で病気にも強いので、手間いらずで毎年咲きます。


白・桃・赤のシバザクラ

こちらはピンク。ハナムグリなどは、なぜかこのピンクの花びらが好きなようで、毎年食べにやってきます。


白・桃・赤のシバザクラ

こちらは赤。ハナアブなどは、この赤いほうでよく見ます。

シバザクラは近年人気種のようで、ホームセンターでもよく売られています。一鉢300円ぐらいでけっこう高いです。
家の庭で繰り返し咲くようになってから、もう10年も経つでしょうか。
地味に増えているようで、死んでも増えた株がまた花をつけ、結果的に毎年咲いています。
住宅地でもよく植えられていて、一面にカーペットのように咲くシバザクラはものすごくきれいなものです。


白・桃・赤のシバザクラ

家ではこんなかんじで、通路の両側に色違いで咲いています。
といっても片側しか写っていませんが。
雪の降る真冬でも地下茎はしっかり生きているので、ほんと手間いらずです。
水遣りもほとんどやらないので、自然の雨だけで生きられるタフさも持っています。
上手に増やせばかなりの面積を覆うようになると思います。
プランターの中だけぎっしりというのも、これはこれで圧巻だと思います。
花期は1ヶ月ぐらいで短いですが、春を満喫できる迫力を持った花です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年05月10日
心も和むナミテントウ

テントウムシはいいですね。丸っこくてよちよち歩きですばしっこくて、指先からどこかに飛んでいって。

ここここでも書いたように、ナミテントウです。
今回は、黒地に大きな赤紋章がふたつ、小さなのがふたつのパターンです。
基本的に個人的に赤と黒の組み合わせというのは好きで、携帯も2機種連続でどこかに赤黒ツートンがあり、車の内装も赤黒ツートン、ヘッドホンも赤黒ツートン、パンツもですw
そんなわけで、ナミテントウやナナホシテントウはたまらなく好きなわけです。
特にナミテントウは派生型が多く、それぞれに色の付き方が違うので、まさに常に新鮮ということになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月09日
大人と子どものカタツムリ

大人のカタツムリ2匹です。
殻の端が丸く反り返っているので、大人ということになります。
右側が元祖4兄弟のうちの末っ子の姫、左側が途中参加の野生ちゃんです。
4兄弟のうちの3匹はすでに★になり、残った姫にも老化が見られるようになりました。
殻のつやはもちろんですが、食欲がありません。移動する早さも遅くなり、以前のきびきびした元気さは今はありません。
ゆったりと過ごしているかんじで、おだやかな表情をしていることが多くなりました。
野生ちゃんのほうですが、さっき見たら砂利に穴を掘っていました。
ついに産卵のときがやってきたようです。
先日、この2匹の交尾を確認していたので、今年の初夏の産卵はわかっていました。
兄弟たちの★になるまでのサイクルを知ってしまうと、この2匹の今後の余生がわかってしまいます。
そうでなくても目でみてわかるほど老化しており、少し寂しい思いです。


大人と子どものカタツムリ

こちらは、★になった親から生まれた子どもたちです。
子どもといっても、大きさは大人と同じぐらいまで大きくなった個体もいて、今年大人になると思われる子どもです。
みんな大きくなりました。食欲も旺盛で、掃除のほうも大変です。
右側中央の筋が薄い個体が、スジ無しちゃんです。
相変わらずふたまわりぐらい小さく、マイペースな生長です。
みんな大きくなれよー(^O^)

.........@ノ”<春キャベツそろそろ飽きたお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
2008年05月09日
イケメンなワモンナガハムシ

マユミの木は、いろんな昆虫を呼びます。
マユミの葉っぱを食べるワモンナガハムシです。
輪のような紋章がある長い葉虫ということになるでしょうか。
体長は4〜5mmで小さいですが、オレンジ色なのでけっこう目立ちます。


イケメンなワモンナガハムシ

レンズの前で、キメポーズをとってくれました。


イケメンなワモンナガハムシ

おお!こりゃまたずいぶんなイケメンっ!
テントウムシも恋しそうなお顔で、こっちを見てくれました。
イケメンぶりを引き継いだ元気な子孫を残してくれることを祈ります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月08日
4日ぐらい前に書いた小さな黒い毛虫ですが、しばらく外に出ていると腕や服に同じ毛虫が数匹くっついていました。
どこから来たんだと思いましたが、情報によれば山間部などではこの毛虫が大発生しているらしいです。
しかも、糸を出して空中を飛んでいるらしく、いつのまにか服にくっついていたのもそのせいです。
その証拠写真をと思い、なんとかそれらしい写真を撮ることができました。

大発生中だった例の毛虫

例の幼虫と、その横に落下傘のように横になびいている糸です。
着地すると今度は飛ばされないように糸を切断するらしいので、この写真は着地直後ということになります。けっこう貴重かもしれません。
幼虫の大きさは2〜3mm。簡単に宙に浮く大きさです。

ここで、ひとつのことを思い出しました。
去年の夏、マイマイガが大発生しました。街灯のあるスーパーやビルでは、産卵された卵の駆除で大変でした。
もしやと思い、ネットでマイマイガの幼虫の写真を調べたら、1齢幼虫の姿に似ています。
とすれば、この大発生している毛虫はマイマイガの幼虫かもしれません。
2齢3齢になればもっとはっきりするのですが、去年の大発生と大いに関連性があるかもしれません。


大発生中だった例の毛虫

よく見ると、あっちにもこっちにもいました。かなりの大発生です。


大発生中だった例の毛虫

赤っぽいのもいました。脱皮したての2齢幼虫か、別の種類の幼虫です。

空中を舞っているということで、口や目に入らないか心配です。
この種の幼虫は旅立つタイミングを知っていて、暖かくて風の強い日に一斉に糸を出して空中に舞います。
そんな日は毛虫警報発令ということで、1匹でも見つけたら注意しましょう。
黒くて小さいので、かなり注意しないと見つけられませんが。
いちおう毒を持っていますが、かゆみや湿疹程度の発症です。
殺虫剤を撒いても気休め程度にしかならないばかりでなく、周囲の生物までも大量に殺してしまうので、それはやめましょう。
もともと地球は昆虫の星です。あきらめましょうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。