2008年05月07日
涙滴型のクロナガカメムシ

カメムシは種類ごとの個性が非常に強いので、見つけるたびにわくわくしますが、本日はクロナガカメムシの登場です。
比較的判別しやすいカメムシで、黒くて涙滴型ならクロナガになります。
とがった頭から丸っこい羽根までが、水滴のような形をしています。
胸部には黒い紋章がふたつあります。羽根の後端の部分は、網目模様のようになっています。
クロといっても真っ黒ではなく、こげ茶色です。


涙滴型のクロナガカメムシ

脚にも特長があり、途中までは濃いこげ茶色なのですが、先の部分だけは薄いこげ茶色です。
大きさは5mmぐらいで、カメムシの中では小さいほうの種類です。

この時季に成虫として姿を見せたということは、成虫で冬眠していたことになります。

今年は暖冬で雪も少なかったので、過ごしやすかったかもしれません。

■訂正
これはフタモンホシカメムシですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年05月07日
触角を掃除するアリ

わた毛が飛んだあとのタンポポの上で、可憐に触角のお手入れをするクロヤマアリ。
前脚のとげがあるV字になったところで、すくようにして触角を掃除します。


触角を掃除するアリ

このポーズで動きを止めて撮れよと言わんばかりだったので、掃除後の記念撮影とぁぃなりました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。