2008年06月27日
イチゴの葉の謎のマユ採取

イチゴの葉に謎のマユがくっついていたので、採取しました。
マユの大きさは2〜2.5cmとでかいです。
このイチゴの葉がばかでかいため、小さく感じます。
写真ではわかりませんが、中には毛を抜かれた毛虫のようなものがいました。これからサナギになるようです。


イチゴの葉の謎のマユ採取

マユの拡大写真ですが、毛を糸で編んでいるような構造になっています。
中の幼虫は毛を抜かれたんではなく、自分で抜いた姿だったのです。
つまり、これは毛虫が作ったマユということになります。
蛾のミノウスバは、産んだ卵に自分の毛を抜いて貼り付ける行為をします。
そうなると、生態上から考えるとこれは蛾のマユであると思われます。


イチゴの葉の謎のマユ採取

とりあえず、ミノウスバのマユと同居してもらいました。
どんな蛾がでてくるのか、わくわくどきどきなのであります。
ドクガでないことを祈りますw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。