2008年07月21日
カラスとトンビ〜大ダコ編

以前にイカの口ばしを紹介しましたが、今回は大ダコの口ばしです。
大ダコの口ばしは、珍味で「たこトンビ」「タコトンビカラス」などの商品名で売られています。
この写真は、生の口ばしを煮て取ったものなので、形がきれいに取れました。
でかいだけあって、まわりについている肉も硬く、まさに珍味な次第。


カラスとトンビ〜大ダコ編

以前撮ったイカの口ばしと比較するのは、この写真が似たアングルです。
イカの口ばしは、こちらです。


カラスとトンビ〜大ダコ編

実際のタコの体の中では、このカラスとトンビが抱き合うように組み合わさり、このまわりを口ばしを動かす筋肉が包みます。
口ばしの先のとがった部分で食べ物を切り裂いて、食事をします。
この口の中には舌のような部分があり、そこには内側を向いたトゲ状のものが付いています。
たぶん、この舌のような部分を前後させて食べ物を奥に運ぶのだと思われます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年07月20日
ミニトマトと唐辛子

毎年恒例になっていますが、ミニトマトを植えています。
甘くて酸っぱくて味が濃いのが、家庭菜園の良さです。
しかし、今年のは皮が異常に厚くてちょっと減点。


ミニトマトと唐辛子

こっちのは、そろそろ食べごろです。
毎日数個が収穫期を迎えるので、おやつがわりに食べてます。


ミニトマトと唐辛子

これは、今年初めて植えた唐辛子です。
全く生長を見せなかったので心配しましたが、暑くなるとともに実も太ってきました。温度が重要のようです。
真っ赤になった唐辛子の実を乾燥させて粉砕して、鍋焼きうどんに入れて食べたら、風味ぷんぷんで美味いと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年07月20日
ネギとシソこそ家庭菜園

そうめんにシソとネギを入れて食べるのが好きなのですが、こういう香辛料のようなものこそ、風味が重要になってきます。
家庭菜園で植えると、風味ぷんぷんの状態で食べることができるので、安い麺でも美味くなります。
鮮度や風味が急激に落ちるものこそ、採ってすぐ食べられる家庭菜園で植えるといいと思います。


ネギとシソこそ家庭菜園

ネギも採ったばっかりは、甘くてまじ美味いっす。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2008年07月20日
カメムシの真ん丸い幼虫

体長というか直径というか、3mmほどです。
真ん丸くてつやつやで、長い触角がかわいらしさを倍増させてます。


カメムシの真ん丸い幼虫

ランダムな黒い点々も、オサレだったりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年07月20日
カメムシの28個の卵

ミニトマトの葉の裏に、カメムシの卵を発見しました。
茶色だったり緑だったり黄色だったり、様々です。
予想ですが、茶色いのはまもなく孵化する卵ではないかと思います。
ちょうど連休ですので、明日あさってと観察したいと思います。


カメムシの28個の卵

白い毛が円周上に丸く付くのが、多くのカメムシの卵の特長です。
上部がふたのように見えてしまいますが、孵化するときにはここがふたのように開いて出てくるので、ふたなんでしょう。
よく見ると、茶色い卵の内側に何か透けて見えているような気がします。
連休中に孵化を見ることができるかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年07月19日
素人と玄人のカエル

今年成体になった新人組のカエルは、人を見るとまだ逃げることが多いです。


素人と玄人のカエル

一方、越冬した2年目のベテラン組は、外壁材の凹みの部分でのんびりマイペース。
このあと水を撒きましたが、逃げもせずに気持ちよさそうにこのままの状態で休んでいました。

素人と玄人では、慣れの度合に違いがみられるので、面白いのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。