2008年07月28日
脚が長く見えるツユムシの幼虫

ツユムシと言えばシャープな体つきのイメージがありますが、それは羽根が伸びきった成虫の話で、幼虫のころは丸っこい体が丸見えなのでずんぐりしたイメージです。
おまけに羽根が短いので、脚の長さだけが異常に長く見えます。
ちなみに、成虫になると体の長さの倍以上の羽根をつけます。
そうなって初めて脚の長さとバランスがとれて、シャープなツユムシになるわけです。


脚が長く見えるツユムシの幼虫

幼虫でも顔は怖いです。


脚が長く見えるツユムシの幼虫

脚が長いだけあって、他のバッタやコオロギ系のジャンプとは違うジャンプをします。
イメージとしては棒高跳びに近く、ジャンプし始めから着地までの全部の姿勢が見えるかんじです。
要するに、かなりゆっくりなジャンプなのであります。
着地も下手で、よく葉っぱからずり落ちている姿を見ますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年07月28日
ぽーにょぽーにょぽにょハバチの子♪

チョウでも蛾でもなく、チュウレンジバチというハバチの幼虫です。
バラの葉の害虫ということで有名で、集団でウジャウジャしている例の幼虫です。
あの害虫も、大きくなるとこんなに可愛くなってしまいます。
体は透明感のある薄緑色になり、黒の斑点も現れてきます。
黒の斑点にはぽにょぽにょと体毛も生え、ぽーにょぽーにょぽにょハバチの子♪なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年07月28日
シャクトリムシの秘技

シャクトリムシは身に危険を感じると、木の小枝に擬態します。
しかし、緑色の葉っぱの上でも小枝になってしまうので、人間には通じません。


シャクトリムシの秘技

しかし感心するのは、擬態するときに命綱を瞬時に用意することです。
多少の風が吹いても一定の角度を保つことができ、小枝っぽくなります。
しかし、繰り返しますがそこは葉の上なわけですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る