2008年08月04日
マイマイガの産卵シーン

うげぇー、ついに産卵が始まりました。
マイマイガの産卵の手順をちょっと解説。

1.自らの羽根を型取りのように使いながら、毛で塊を作っていく
2.産卵する
3.自らの羽根を型取りのように使いながら、卵のまわりに毛をかぶせる
4.少し上に登る
5.(2.3.4.の繰り返し)

この茶色いかたまりのことを卵魂といいますが、長時間見ていると、羽根の下のほうから卵魂が見え出し、少しずつ上に登るにしたがってさらに卵魂が見えてくる感じです。
上の写真はまだ産卵中のものなので、卵魂はもっと大きなものになります。
この卵魂の質感は、風化した硬めのスポンジのようなものに似ています。
棒でつつくと簡単に壊れて落ちますが、それも棒が届く範囲のことで、届かないところの除去には苦労するわけです。

このマイマイガの大発生のせいで、街がすごいことになっています。
いつも点いている街灯は消え、店舗も最小限の照明にしています。
家という家は灯りがもれないようにしっかりとカーテンを引き、どこもかしこも真っ暗です。
街の道路を車で走ると、そこはまるで昭和の世界。
というより、空襲警報発令中の世界なのであります。
確かに恐ろしいものが空にいるわけで、街はひっそりとしています。
マイマイガの大発生がCO2を減らすことになっているのは、なんとも不可思議な現象の平成20年の夏なわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
2008年08月04日
当ブログは写真を掲載しながら書いていくのが基本スタイルですが、今回は読む人それぞれが思い描く風景をご提供します。

ヒグラシが大合唱する夜明けに雨が降り出し、カエルが鳴き出します。
カラスは仲間を呼ぶために鳴き出しました。
そんな風景の音声です。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年08月04日
セセリチョウのなかまで数学のお勉強

ストロボがついた瞬間、びっくりして逃げようとするセセリチョウのなかまです。
羽ばたく速さがよっぽど速いようで、画像が二重になっています。
二重になっている画像をA像、B像としたとき、その距離は約1cmです。
撮影時のシャッター速度は60分の1秒なので、60分の1秒の間に羽根を1cm動かしたことになります。
完全に羽ばたいた場合の羽根の移動距離を3cmとした場合、羽ばたき始めから羽ばたき終わりまでにかかる時間は、(60分の1)×3cm=20分の1秒となります。
羽ばたきとは1往復ですから、これを2倍して10分の1秒にします。
1回の羽ばたきには10分の1秒かかっていることになり、1秒に換算すると、1秒間に10回の羽ばたきをすることになります。

通常の飛翔の羽ばたき回数はわかりませんが、少なくても急速発信時には10回/1秒の羽ばたきをすることは証明できると思います。
テストに出るので、しっかり復習してください¢(ーー;メモシトク・・・


問題
60分の1秒のシャッター速度で下の写真を撮影した場合、口を動かしている速度を求めなさい。(5点)

セセリチョウのなかまで数学のお勉強

(マジに答えないで下さいw)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年08月04日
丸っこいスグリゾウムシ

ツツジの葉が何者かに食べられていると思ったら、スグリゾウムシでした。
丸っこい小さなゾウムシです。


丸っこいスグリゾウムシ

こんな形をしていますと言いたいところですが、ピンボケですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。