2008年10月03日
交尾をするヨモギハムシ

単独のヨモギハムシよりも、交尾中のヨモギハムシを見る機会が多い季節となりました。
丸くぷっくりとふくらんだメスのお腹から落ちないように、しっかりしがみついているオスの姿が健気です。
一ヵ所のヨモギの群生により、毎年ヨモギハムシの命が繰り返されています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2008年10月03日
虹色スミレの新種が開花

また新しい色の花が咲きました。またまた美人さんです。
「ノーブル リカ(Noble Licca)」だと思います。


虹色スミレの新種が開花

先日咲いたこちらは、「エンゼルピンク リカ(Angel Pink Licca)」です。
二つ目の花を咲かせています。


虹色スミレの新種が開花

いちばん最初に咲いた花も、二つ目の花を咲かせています。
こちらは、「メープル リカ(Maple Licca)」です。

いやはや、このシリーズはなかなかの萌え具合です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 虹色スミレ | 更新情報をチェックする
2008年10月03日
ミノウスバの産卵の重複現象

ここで掲載したミノウスバは、産卵後5日経っても自分の卵を守っていました。
今日見たら、なんと全く同じ場所に別のメスが産卵を初めています。
こういうことが自然界では起きるのでしょうか。驚きです。


ミノウスバの産卵の重複

比較的珍しいシーンだと思います。
卵の段階では、群れたほうが都合がいいのでしょうか。毛布代わりの親の毛が厚くなって暖かそうではありますが。

この場所に2匹分の卵、他にも2か所、計4匹分の卵が1本のマユミの木の枝の先に産卵されています。
来年はこの木の中では大発生になるかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ミノウスバ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。