2008年11月23日
オオカマキリ、危篤

先日までピンピンしていたオスのオオカマキリが、今日見たら危篤状態でした。

触角に触れても反応せず、水を口元に持っていっても飲みません。
時々わずかに脚を動かしますが、腹部の呼吸運動はすでに停止しています。
昆虫が生命を終えるとき、どのように昆虫自身が感じるのかわかりませんが、穏やかに眠るように安らかにと願うばかりです。
オオカマキリ飼育の最後の個体となったオス、今夜がヤマです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | オオカマキリ二世 | 更新情報をチェックする
2008年11月23日
ここで冬眠か!?シロヒトリの幼虫

決して試験管を洗うブラシではなく、まっくろくろすけのシロヒトリの幼虫です。
この幼虫、1か月もの間同じ場所から動こうとせず、ついに脚を枝から離して疣足だけで逆さまにぶら下がって動かなくなりました。
1か月前の様子が、これです。

この時はまだ脚でしがみついていたのですが…
この態勢は、もしかして冬眠態勢なのでしょうか。
強めの風でも吹けばポキっと折れてしまいそうな枯れたコスモスの茎、
どこか安全な場所に移してあげたほうが良さそうです。
雪や風から守られるような、室内ではない場所に移そうかなと思います。

ここは地上から50cmぐらいの場所で、積雪を考慮してこの高さに留まったはずです。
新しい場所でも、同じ高さにしてあげようと思います。
もっと丈夫な茎にすればよかったのにー♪


それにしても冬です。昆虫の姿がさっぱりです。
昆虫の出現回数にここのブログの更新回数も比例するので、以前のように1日に4つも書くということがなくなりましたw
これからは、もっと少なくなると思いますが、生きていますのでご安心ください。
まあ、冬眠みたいなもんでしょう(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。