2009年06月09日
ナミテントウの4齢幼虫

昨日4齢になった幼虫の体が、黒く色づきました。


ナミテントウの4齢幼虫

体長は1cmぐらいにまでなりました。


ナミテントウの4齢幼虫

とげとげですな。


ナミテントウの4齢幼虫

抜け殻もとげとげ。


ここまでの飼育で気づいた点をいくつか。

■腹部の先は吸盤か?
3齢ぐらいから気がついたのですが、腹部の先から粘るような黄色い吸盤のようなものを出し、それを歩くのに役立てているようです。
ガラスびんの壁面でアブラムシを食べているときにも、この吸盤を確認できました。
また、筆で移動させるときに、腹部の先が妙に筆にくっつきました。
何やら、体を固定して安定させたいときや、急な方向転換をしたいときに使うようです。
この吸盤のようなものは、通常は体の中に収納されているようで見えません。

■歩きまわったらエサ補充
いつも葉の上でもぞもぞしている幼虫ですが、しきりに飼育びんの内側を歩き回るときがあります。
そのときアブラムシがいたはずのヨモギの枝を見ると、アブラムシがほとんどいなくなっています。
これは単純にエサを探して歩き回っている状態のようなので、その時はエサの補充が必要のようです。
大きくなるたびに食べる量も増えるので、毎日のチェックが必要です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
2009年06月09日
クロヤマアリ大集結

クロヤマアリが植物の上に大集結しています。何でしょう?


クロヤマアリ大集結

奥のほうを見たら、アブラムシでした。
それにしても数が多すぎます。護衛役のアリも混じっているのでしょうか。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。