2009年07月24日
グラデのマメグンバイナズナ

種が下のほうから熟して、緑とピンクのグラデーションができあがりました。


グラデのマメグンバイナズナ

普通のナズナは三角形のような実になりますが、これは軍配のような実なのでマメグンバイナズナです。
実の先の切れ込みがもっとスリット状であれば、グンバイナズナになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2009年07月23日
居座るシロヒトリ

玄関の外の天井に止まっていたシロヒトリが、天井から降りてきてホトトギスの葉の上に止まっていました。
指を差し出すと、指に乗り移ってきます。警戒度ゼロのようです。


居座るシロヒトリ

再び葉の上に移して記念撮影。
白・赤・黒。最小限にして最大限のアピール。素敵です。


居座るシロヒトリ

腹部側面には、黒と赤の紋があります。
赤というよりは朱色に近い色で、ドギツさはあまりありません。
真っ黒の毛虫が真っ白になるシロヒトリ。これはひとつのメルヘンです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年07月23日
桃の発芽に挑戦

買ってきました、でかい白鳳。2個で580円もします。
その値段では買えないので、ワゴンの中から選んできました。
2個で298円、これなら満足なお買い物になります。
スーパーでいちばんおいしい果物は常にワゴンの中にあり、まさに最高の食べごろを迎えていました。
さっそく食べてみましたが、もう言葉がありません。激ウマでぶっ飛びました。
甘さはピークに達しており、香りもプンプンと放たれていました。
いやはや、桃という果物は絶品です。
そんなわけで、種に注目してみました。


桃の発芽に挑戦

食べながら種まで到達すると、すでに割れていました。
完熟していたからかもしれません。
この種の中身だけを取り出し、湿らせた砂といっしょに冷蔵庫に保管、来春に蒔きたいと思います。

モモの発芽挑戦はこれで4回目であり、以前3回失敗しています。
難易度が高いだけに今回もヤバそうですが、懲りずにリベンジなわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | | 更新情報をチェックする
2009年07月22日
たった一人のシロヒトリ

玄関の外の天井に、1匹のシロヒトリがいました。


たった一人のシロヒトリ

なんだか強い視線を感じます。
もしかして、いつかのまっくろくろすけなのでしょうか。
冬の寒い日、突然姿を消したまっくろくろすけ。
風に飛ばされ、その先で無事に羽化できたのでしょうか。
真相はわかりませんが、1枚目を撮ったあとに姿勢を変えてこっちを見たシロヒトリがいたわけです。

まっくろくろすけの経緯
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年07月22日
お腹がふくらむカエル

冬眠した2年目の大きな個体です。
お腹がぷっくりとふくらんでいるので、この個体はメスのようです。
いっぱい栄養つけて、いっぱい卵を産めよー。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カエル | 更新情報をチェックする
2009年07月22日
小梅の発芽に挑戦

家の庭には梅の木と小梅の木があり、ほぼ毎年両方が結実します。
これは、熟して自然落下した小梅の実。直径約1cm。
熟しているだけあって、香りはそのまま桃です。
甘い香りにつられて食べたくなりますが、食べられるかどうか微妙なので、この実を用いて発芽に挑戦したいと思います。


小梅の発芽に挑戦

ポリエチレンの袋に入れて4〜5日、1個がカビ始めた時点で取り出し、果肉の部分を洗い流します。
果肉には発芽抑制物質が入っているので、たわしなどで完全にきれいにします。


小梅の発芽に挑戦

湿らせた砂の中に埋め、密封して冷蔵庫に入れました。

桃などもそうですが、冬の寒さを経験しないと発芽しないのであります。
この種を蒔くのは来年の春。しばらく冬眠していただきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 小梅 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る