2009年10月05日
湖底で巣を引きずるアミメトビケラ

沼の湖底を、黒くて長いものが動いたり止まったりしていました。
うしろには引きずった跡が残っていますが、脚も顔も見えません。


湖底で巣を引きずるアミメトビケラ

中から何か出てきました。黄色と黒のしま模様のような体をしています。
調べてみたら、アミメトビケラというトビケラのようです。
植物の茎や葉などを使って筒状の巣を作るらしいので、この黒くて長いものは、アミメトビケラの移動型の巣だったということになります。
物理的な自衛手段を持つという意味では、貝やカタツムリのような思想ですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2009年10月05日
すいすい泳ぐマツモムシ

仰向けになりながら泳ぐマツモムシ。
水中の泳ぎも得意で、ゲンゴロウ級です。
体の色が絶妙なので見つけにくいですが、水面の反射光の揺れで発見できたりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。