2009年10月31日
バケツ稲の稲刈り

落水から1週間経過した本日午後、天気も良いので稲刈りを実施しました。
右がバケツ稲で左がゴミ入れ稲ですが、4株でなく6株の間違いです。
背丈はバケツ稲のほうが高くなりました。


バケツ稲の稲刈り

最終的なふたつの茎数の比較。
4株ではなく6株なわけですが、株数ほど比例しない結果となりました。
これはバケツ稲のほうがやや窮屈気味だったために、分げつに支障が出た可能性があります。


バケツ稲の稲刈り

そんなわけで乾燥のために干した次第。しつこいようですが、4株ではなく6株です。


バケツ稲の稲刈り

鉢稲のほうですが、野鳥さんに見つかってしまったようです。
茎ごと折られているので、スズメよりも大きな鳥が巣の材料に持っていったかもしれません。


バケツ稲の稲刈り

刈り取り後。4株は6株、1株は5株の間違いです。
鉢稲は、実がついた穂は数本でした。背丈も通常の半分以下なので、やはり鉢での稲作はきびしいようです。


バケツ稲の稲刈り

ワラジムシとアリが、切り株から出た水を舐めていました。
わざわざ舐めに来たということは、おいしい水かもしれません。

刈った稲はこのあと10日ほど天日で乾燥させ、その後に脱穀となります。
その時点でようやく正確な収穫量を比較することができます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | バケツ稲〜2009年 | 更新情報をチェックする
2009年10月31日
ワタを室内に移動

今ついている実からなんとしてでも綿を収穫したいというわけで、鉢ごと室内に移動しました。
現在の高さは110cmにまでなっています。花の時季はすでに終わっており、実の熟成期です。

実はいちばん初めの1個だけ人工授粉ですが、それ以降は自然受粉にまかせました。
結果としては、半数以上が受粉できないまま落花してしまいました。
現在ついている実の数は8個、ここから室内での気温で熟成させたいと思います。
室内なので日当たりは悪く、その点が気になる次第。
光合成よりも気温を優先した栽培、寒さで枯れるのだけは避けたいのでやむをえない措置ですな。
なお、天気予報では数日後に氷点下だそうです…(ー_ー)!!
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | わた | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。