2009年11月03日
ヒマワリの種子採取

ヒマワリの種は毎年カワラヒワなどの野鳥が食べに来ますが、なぜか今年は1羽も姿を見せませんでした。
そんなわけで、種も落ちそうになっていたので3株とも種を採取しました。
ちなみに、手前に写っているのが例のアブラナ科の植物、奥に写っているのが野生化したイチゴです。


ヒマワリの種子採取

3株のうちの1株は乾き切っていないので、ネットに入れて乾燥中。


ヒマワリの種子採取

残る2株のうちの1株は、全体の半分ぐらい実がつまっていたのでそれを採取。
残りの1株は3分の1ぐらいしか実がつまっていなかったので、全部ばらして駐車場にばらまきました。
野鳥が見つけて食べてくれると思います。


ヒマワリの種子採取

ヒマワリの種は野鳥ばかりでなくぁぃさんも大好物なので、十数個食べました。
甘いナッツ系の味でおいしいです。


ヒマワリの種子採取

紙に強く押し当てると、油がにじんできます。ヒマワリ油です。
ヒマワリ油はリノール酸やビタミンEを多く含み、サンフラワーオイルという名で料理にもよく使われます。

毎年植えるヒマワリですが、土壌が悪いのでいつも実の詰まりが悪く、採取レベルの種ができませんでした。
ところが、今年は1株は半分、1株はほぼ100%実が詰まり、こんな豊作の年に野鳥が来ないとはなんとも残念。
他の場所でも豊作で、もうおなかがいっぱいだったのでしょうか。

ヒマワリを植える前に、今年はいつもより多めに土を入れ替えました。
たぶんそのせいもあって、養分が多くなっていたのだと思います。
カエルをはじめとするいろいろな生き物の休みどころとなったヒマワリ、今年もどうもありがとうでした。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。