2009年11月09日
バケツ稲を食す

いよいよ炊飯となるわけですが、量が少ないのでレンジで炊くことにしました。
レンジ用の調理機にいれたら0.5合の量しかありませんでした。
500Wで7分、その後20分蒸らします。


バケツ稲を食す

炊けました!ほとんど玄米状態なので、色が黄色いです。


バケツ稲を食す

さっそくいただくことに。チャーハンではありません。


バケツ稲を食す

緑色の胚芽たっぷりの玄米100%ご飯。これが食べたかったのであります。
玄米なので粘りはわずかしかありません。しかし、玄米ならではの皮をかじるときのしゃりしゃり感があり、しかも想像以上に甘い味。
玄米だからなのか無農薬だからなのか新鮮だからなのかわかりませんが、とにかくおどろきの甘さ。これにはびっくりしました。
そして味です。穀物の旨味とでも言うのでしょうか。香ばしさを含む旨味です。バケツ稲の玄米の味、あっぱれでした。


バケツ稲を食す

バケツ稲の穂の一部は収穫への感謝の意を込め、正月のしめ飾りに沿える予定です。
わらはニンニクプランターの霜よけ、もみは肥料に使います。
終わってみれば捨てるところが無い稲、ちょっと感動しました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | バケツ稲〜2009年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。