2009年11月23日
カタツムリの発情

目(大触角)の間にコブ(頭瘤)を時々出すようになると、発情中ということになります。
コブ(頭瘤)からはフェロモンを出し、同じく発情中の別の個体に自分の存在を知らせます。
今回発情中の個体はこの個体だけなので、他の個体との交尾には至らないでしょう。
コブは普段は引っ込んでいますが、時々このようになります。


カタツムリの発情

殻の縁も反り返っているので、やはりこの個体はもう大人です。
殻の表面や色も、すっかり大人っぽくなっています。
このような完全な大人になったのは、現在この個体だけ。他の個体もそのうち大人になるでしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(16) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2009年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。