2010年01月24日
冬を生きるサラダ菜

冬を生きるアブラナ科の植物は、どれも似たような方法をとるようです。
周辺の葉を枯らし、中央部の葉を縮れさせて色も濃くなります。


冬を生きるサラダ菜

こぼれ種から発芽した小さな芽も、かなりの耐性があるようです。


冬を生きるサラダ菜

霜で浮き、雪に押しつぶされながらも、今日も光合成をしながら生きています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サラダ菜・葉大根〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。