2010年05月22日
アマガエルの大合唱その2

前回真っ暗闇の動画でしたので、今回は少し早めに田んぼに来てみました。


アマガエルの大合唱その2

太って見えるのでメスに見えますが、さっきまで鳴いていたオスです。田んぼのあぜ道の脇にいました。


アマガエルの大合唱その2

このカエルもあぜ道にいましたが、人間が来たので水に避難した状態。

前回はターンしながら動画を撮りましたが、真っ暗で何も映っていませんでした。今回は夕暮れなので田んぼの様子がわかります。
また、音声はステレオなのでヘッドホンだと臨場感が出ます。




アマガエルの大合唱その2

撮り終えたころは、すでに真っ暗でした。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2010年05月22日
ヒトスジシマカの羽化

水の中で泳いでいたボウフラも羽化のときを迎えました。どうやらヒトスジシマカのようです。積極的に人を刺し、刺されると普通の蚊より痒いです(^_^;)
ボウフラは羽化が近くなると黒い丸のように見えます。そして水面に浮かび、そのまま中から羽根の生えた成虫が出てきます。
出てきた成虫はアメンボのように水面に浮かび、濡れていた羽根を乾かした後に飛んでいきます。
脚が水没すると体が水につき、乾燥どころか再び起き上がれなくなります。このような羽化に失敗する個体を時々見ます。


ヒトスジシマカの羽化

水中のボウフラは、長いものと丸いものがいます。そろそろみんな羽化のようです。


ヒトスジシマカの羽化

丸いものはここまで丸いので、見てすぐわかります。左端にいるのが通常のボウフラ。
ちなみに全身が丸くなったのではなく、しっぽをぐにゃりと曲げている姿勢になるので、丸く見えるだけです。しばらく見ていると、突然しっぽを動かして水面に上がって呼吸をする様子も観察できます。

しかし、ヒトスジシマカでしたか。蒸発して減った水を、時々足していた恩を憶えていてくれればいいのですが…。

チガホシイ ~~ヾ  ・・・・・( /^^)/ 勘弁な次第
 
■追記
これはヒトスジシマカではなく、ヤマトヤブカであると思われます(^-^;)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年05月22日
肉食するワラジムシ

ワラジムシが黒いものを食べていました。


肉食するワラジムシ

はじめは何なのかわかりませんでしたが、ナメクジの死骸だと思います。
死んでから時間が経っているので、干からびて委縮している状態。程よく水分が飛んだ干物だとすれば、これはごちそうに値するでしょう。
現に、普通はカメラを近付けると素早く逃げるワラジムシは、このときはここまで近寄っても夢中で食べ続けていました。
ワラジムシはおちょぼ口なので、食べるのに時間がかかりそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。