2010年05月29日
被害甚大なニンニク

ニンニクの葉が、何者かにひどく食い荒らされています。よく見ると、葉の真ん中あたりに薄黄色の小さな幼虫がいます。


被害甚大なニンニク

これから伸びようとしている茎の中心部のやわらかいところを、集中的に食い荒らしています。
全株チェックしましたが、10株中8株がすでに中心部が絶望的。やばいです。


被害甚大なニンニク

犯人さん登場。ネギコガの幼虫です。体長は1cm弱。
近くにはすでにサナギになろうとしている幼虫がいて、荒い網目のマユを作っていました。
家のネギにも毎年同じようなマユがつきますが、犯人はネギコガだったわけです。

とりあえず中のほうまでほじくって駆除しましたが、ニンニクがまた元気な葉を伸ばしてくれるのかが気になります。
荒らされた葉をちぎって取り除いたので、ニンニクの臭いが手に染み付いてしまいました。これは嫌いな臭いではないのでいいですが、明日も幼虫チェックをしなければなりません。端っこをちょぼちょぼ食うならまだしも、いちばんやばいところを食うのは放置できません。
いやはや、ここにきて一気にやばい状況。甘くて辛そうなのでおいしそうなのはわかりますが、端っこ食べなさいと言いたい次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | ニンニク | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。