2010年06月28日
縞々のヒトスジシマカ

蚊と言えばヒトスジシマカ。これに刺されると数日は痒いです。


縞々のヒトスジシマカ

この注射針でぶすっといくわけです。

窓に網戸がついているのに、夏になるとどこからともなく部屋に入り、寝入る直前に耳元で「プ〜ン♪」…(*_*)
この音で寝れないほうなので、電子蚊取は夏の必須アイテム。
前は部屋の中にカタツムリなどがいたので使えませんでしたが、置き場所が変わったので毎晩電子蚊取をオンしている次第。
ちょっと前まで容器の芯棒を電熱線で温めて薬剤を蒸散させるタイプが主流でしたが、最近はファンで送風して蒸散させるタイプも売られています。発熱しない分なんとなく安全っぽいです。

 
■追記
これはヒトスジシマカではなく、ヤマトヤブカであると思われます(^-^;)
ゑびさんのご指摘で修正することができました。ありがとーございました(^O^)/
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月28日
腐敗した葉につくケシキスイ

部分的に枯れたニンニクの葉の先が腐りだし、そこに小さな虫がいました。
ハムシ系にしては小さすぎます。体長は約2mm。奥には子供のようなのもいます。


腐敗した葉につくケシキスイ

死んでるわけではありません。台に置いたら逆さまになり、羽根を出して起き上がろうとしています。


腐敗した葉につくケシキスイ

小さすぎてピンボケ失礼。
調べてみたら、ケシキスイの種類かキノコムシの種類に似ていましたが、あまりにも小さいのでケシキスイっぽいです。
どちらもキノコや腐敗した葉に集まるようで、ニンニクの葉もやばい状況ということです。
それにしてもこの昆虫、とにかく小さいのですが姿かたちは一人前です。太ったゴミムシダマシかと思いました。


腐敗した葉につくケシキスイ

とうとうハエまで来ました。これはやばいです。
さっそく腐敗部分を切り取るしかないようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニク | 更新情報をチェックする
2010年06月28日
ヒナバッタの幼虫

季節がらバッタの幼虫をよく見ますが、ヒナバッタの幼虫です。


ヒナバッタの幼虫

背中両脇の白い線が特徴です。
去年の秋にここで求愛している個体がいましたが、この幼虫も同じ場所にいたので子孫かもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月27日
ムネアカオオアリの女王アリを保護

部屋の中を大きなアリが歩いていて、あぶなく踏むところでした。
よく見たら、ムネアカオオアリ、しかも女王アリです。
女王陛下に無礼をはたらいたということで、砂糖水を献上して懺悔申し上げた次第。


ムネアカオオアリの女王アリを保護

長旅でお疲れのようで、よくお飲みになられております。
庶民の砂糖水などお口に合うか存じませんが、落ち着いた様相でお飲みあそばされておりました。

東北地方は今夜から明日まで大荒れの天気。このまま外に放すのは心残りです。しばしぁぃ邸で御休息あそばされ、その後また考えたいと思います。

それにしても女王アリ、カブトムシのようです。ものすごく人間を観察し、時々テレパらしきものを送ってきます。
ひとつひとつの動きに落ち着きがあり、なんだかゆっくり会話ができそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
2010年06月27日
心配なので水とえさを追加

卵が入った容器を取り除いたついでに、水とえさを追加しました。
水とえさと野菜台がそれぞれ2箇所ずつになっています。
まだまだ小さいので動きが見えず、不都合の合図がわかりません。そんなわけで、少し余裕を持たせようとWにしたわけです。
…で、肝心のエンマコオロギの幼虫ですが、両脇のえさ台の中に1個ずつ見える黒い点が幼虫です。まだまだ先は長いです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年06月27日
白いまゆ毛のマミジロハエトリ

いきなりほっぺにチクッとした感触があり、手で払うと1匹のクモでした。ほっぺを噛んだようです。なにか意図があるのでしょうか。


白いまゆ毛のマミジロハエトリ

調べてみたら、マミジロハエトリというハエトリグモのオスでした。
体長は1cm弱。ピョコンピョコンとジャンプしながら歩きます。
ハエトリグモなので視力は抜群。ちょっと覗き込むと、必ずこっちをガン見してきます。ちゃんと顔を向けるので、カマキリにも似た愛嬌があり、クモの中では一番好きな種類でもあります。


白いまゆ毛のマミジロハエトリ

『ぁぃさん、さっきは噛んでごめん。写真撮ってほしかったの…。』


白いまゆ毛のマミジロハエトリ

そんなわけで記念撮影。このときだけは大人しくしてました。
室内で餓死するのもかわいそうなので、撮影後は外に逃がしました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る