2010年06月27日
幼虫を中型飼育ケースに移動

いつサナギになるか予想できないので、蛹化環境も兼ねた中型飼育ケースに移動しました。
えさは葉大根の葉の切り口を濡らした脱脂綿でくるみ、さらにラップでくるんで針金で封をしています。
蛹化をしやすいように、昆虫ゼリーのえさ台に筒状と板状のネットを立てました。背面にもネットを固定しています。
黒いネットは園芸用の鉢底ネット、茶色いネットは園芸用のつる植物用のものです。これはバケツ稲のときにも使いました。

幼虫はカマキリと違ってつるつるした壁でも登れるので、ここまでしなくてもいいと思いますが、好むかなと思ってしてみました。
しかし、脱皮の時も壁に糸のじゅうたんを作っていましたし、アゲハのときはみんなふたの裏で蛹化してました。今回の努力も無駄になるかもしれません。


幼虫を中型飼育ケースに移動

前回脱皮した上の個体は、一気に2.5cmまで生長。下の個体は1.5cmほどです。
同じ親から産まれた卵だと思うので、個体差は数日以内に収まるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | スジグロシロチョウ | 更新情報をチェックする
2010年06月26日
アサガオの葉を食べるナメクジ

ギャーーーーーッ!ヽ(`Д´)ノ
大切に箱入り娘のように育てていたヘブンリーブルーの苗が、悲惨なことに!!
巨大な双葉が見るも無残な姿になっています。犯人は誰だっ!


アサガオの葉を食べるナメクジ

え…?体長2mmのナメクジ?葉の裏側にいました。
食痕をよく見ると、切り口がななめになっています。葉の裏側からじわじわと食べたようです。
アサガオ系って意外とナメクジに人気がありますが、あまりおいしそうでもないんですけどねー。

今年のアサガオは、紫の花をつけるマルバアサガオをネットにからませるのがひとつ、もうひとつが鉢植えのヘブンリーブルーで進行中。
ヘブンリーブルーの鉢植えというところがミソで、菊用のでかい鉢に植えて2mぐらいの支柱にからませる予定。
今までにないパワフルなアサガオにしたいと思っている次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2010年06月26日
アカハラゴマダラヒトリの幼虫

アサガオの葉っぱを大胆に食べている毛虫がいました。初めて見る幼虫です。


アカハラゴマダラヒトリの幼虫

黒い体に黄色い線。調べてみたら、アカハラゴマダラヒトリという白い蛾の幼虫のようです。体長は2cmほど。
ヨトウムシ並の食欲のようなので、かわいそうですが退散していただきました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月26日
幼虫を一時確保

葉大根についていたスジグロシロチョウと思われる幼虫2匹を、とりあえずミニミニ飼育ケースに移動させました。


幼虫を一時確保

そうこうしているうちに、1匹がケース内の壁で糸のじゅうたんを作っています。サナギになるにはちょっと早すぎるような気もしますが。


幼虫を一時確保

糸を網状に貼って足場を作っています。


幼虫を一時確保

あ、蛹化じゃなくて脱皮の準備っぽいです。首の皮が伸びて、その内側に次の頭部がうっすら見えています。


幼虫を一時確保

白い点線の部分が次の頭部です。上の写真と見比べるとよくわかります。


幼虫を一時確保

もう1匹のほうは、まだ脱皮の気配はありません。

そして翌日…


幼虫を一時確保

脱皮をしたと思われる幼虫。大きさに変化はありませんが、白い毛の量が増えて体も少し太くなりました。


幼虫を一時確保

ケース内の隅に何か小さなものが落ちています。


幼虫を一時確保

頭部の抜け殻です。やはり脱皮したようです。
頭部以外の抜け殻も探しましたが、見つかりませんでした。食べたのでしょうか。

さて、これからサナギになるはずなので、それに適した飼育ケースを用意しなければなりません。土日の間に用意したしたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | スジグロシロチョウ | 更新情報をチェックする
2010年06月25日
イチゴを食べるカタツムリ

野生化したイチゴが1個赤くなりました。イチゴはナメクジやワラジムシの大好物。…ということはカタツムリも好きそうなので、あげてみることにしました。


イチゴを食べるカタツムリ

イチゴは右下です。葉っぱはまたもや葉大根。食いは悪いのですが、葉っぱが大きくなりすぎて大変な状況なので、しばしの収穫。


イチゴを食べるカタツムリ

1匹が甘酸っぱい匂いを嗅ぎつけたらしく、急接近してきました。


イチゴを食べるカタツムリ

口をつけた直後には、もうモゴモゴ食べてました。


イチゴを食べるカタツムリ

『どれどれ、どんな味かな。モゴモゴ…』


イチゴを食べるカタツムリ

『な、なんだこりゃ!うめぇぇぇー!』

あまりのおいしさにびっくりしたらしく、目がイチゴに大接近しています。
メロンやバナナのときもそうですが、目が食べ物に大接近しているときはおいしいと感じているときなのであります。
まあ、今までがキャベツばかりだったというのもありますが。

.....@ノ”<仲間が来ないうちに独り占めだお

( ゚Д゚)<あわてて食べるとフンから発芽しますよ

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
そして翌日…


イチゴを食べるカタツムリ

予想通り見事に完食。入れていた容器を蹴散らしての奪い合いだったようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年06月25日
葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

葉大根の葉っぱに食痕とふんを確認。葉の裏に何かいそうです。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

いました。体長1.5cmぐらいの幼虫です。モンシロチョウの幼虫でしょうか。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

なんとなく黒いところが多いような気もします。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

横から見たところ。薄い黄色い線があるので、スジグロシロチョウかもしれません。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

ん〜、やはりスジグロっぽいです。
とりあえず放置するわけにもいきませんので、ミニミニ飼育ケースに保護することにしました。
元気に育つようなら、中型の飼育ケースに移して羽化までもっていきたいと思います。祈るは寄生されていないことのみ(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | スジグロシロチョウ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る