2010年06月06日
エンマコオロギは、自分にとっては最も身近なコオロギの種類です。子供の頃は、神社の石の下やブロックの隙間を探って捕獲したエンマコオロギをよく飼育したものです。
エンマコオロギの飼育をやらなくなってからは、遠くの野原から聞こえてくる鳴き声で秋の訪れを知り、その鳴き声のピッチが遅くなることで秋の終わりを知りました。
毎年聞いているエンマコオロギの鳴き声。身近な昆虫であるはずですが、隠れることと逃げることの天才でもあるエンマコオロギを捕獲するには、大人になった今では子供のころのようにはいかなくなりました。

ここ数年で似たような昆虫を飼ったものとしては、スズムシとヨーロッパイエコオロギがあります。スズムシは観賞用として飼ったので、産卵を経て次の世代まで飼うことができました。ヨーロッパイエコオロギは当時飼育していたオオカマキリのエサとして飼っていたものです。
観賞用飼育とエサ用飼育では飼い方が大きく異なりますが、ここにきてエンマコオロギを観賞用として飼育してみたくなったわけです。


エンマコオロギ飼育開始

秋まで待って根性で捕獲してもいいのですが、前述のとおり困難になりそうです。
そんなわけで、卵を手に入れました。スズムシの卵は今ではどこでも売っていますが、今飼いたいのはエンマコオロギなわけです。ここから始めます。

まずは、孵化することを祈ることで飼育が始まるのであります。孵化さえすればスズムシのときとほぼ同じなので、なんとかなるでしょう。
ただ、エンマコオロギの卵からの飼育は今回が初めてです。多少の緊張感はあります。

無事に孵化して順調に生長していくにしたがって、今回の飼育は良く言えばマニアック、悪く言えばくどい飼育記録になるでしょう。
なぜならば、エンマコオロギの飼育は比較的容易であり、なおかつその飼育方法をよく知っているからです。
また、エサ用飼育としての情報がネット上に氾濫している中、観賞用としての飼育の情報ももっとあってもいいのではないかという提示もあります。
なんにせよ膨大な情報の中に埋もれてしまうのがネットなので、飼育方法の中のひとつとして書いてみます。

たいそうな覚悟で始める飼育に限って、孵化しなかったとか暑さで全滅したとかありがちなので、次回の記事で飼育が終了するかもしれませんw
まあそれも飼育のうちなので、そのときはまたスズムシでも飼うかもしれません(^_^;)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年06月06日
さっそく害虫到来のサラダ菜

本葉を出し始めたサラダ菜。双葉にエカキムシの食痕が見られます。


さっそく害虫到来のサラダ菜

葉大根も本葉を出し始めました。こちらも双葉にエカキムシがいるようです。


さっそく害虫到来のサラダ菜

葉の拡大。線状のものは食痕ですが、点々は産卵箇所か病気なのかは不明です。この白い点々は葉大根を栽培すると双葉上に毎回発生しますが、生育不良になるほどの害は不思議とありません。短期間に一気に生長する葉大根なので、多少のマイナスはプラスで消されるのでしょうか。


さっそく害虫到来のサラダ菜

同じく葉大根。この食痕はナメクジだと思われます。フラワースタンドの2段目に置いているのですが、ここまで上ってきたようです(*_*)
2段目配置でのナメクジ被害は想定していなかったので、まさに油断できません。


さっそく害虫到来のサラダ菜

実験的に葉大根3株を、ヒマワリのそばに植えています。地べたでどう育つかと害虫の被害を見る実験です。ちなみにこの3株は、間引きした苗です。


さっそく害虫到来のサラダ菜

小さな食痕が点々と見られます。ナメクジやウスカワマイマイにしてはおとなしい食べ方なので、ワラジムシの可能性も否定できません。
食べているところの姿は確認できませんでしたので、夜行性の生き物っぽいですけど。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | サラダ菜・葉大根〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
2010年06月06日
黄金色に輝くジンガサハムシ

ミニトマトを見ていたら、プランターの側面がキラキラ輝いていました。
体長6mmほどのジンガサハムシです。


黄金色に輝くジンガサハムシ

半透明の甲羅で防御する体のつくり。金色の部分は文字通り金色で、かなりキラキラ反射します。
このときは落ち着きなく歩き回っていたので、食べ物を探していたようです。
食べ物はヒルガオの葉らしいですが、このあたりでは見たことがありません。羽根を持っている昆虫なので、遠くまで探すことになりそうです。

似たような昆虫は、前にここで出ています。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る