2010年06月07日
シロチョウ系の卵発見

ここで書いた謎のアブラナ科ですが、チョウの卵を2個発見しました。形から見ると、モンシロチョウやモンキチョウなどが属するシロチョウ科の卵に見えます。
なんせ小さくてコントラストが無いので、ピンボケ失礼。


シロチョウ系の卵発見

去年、この植物の葉っぱを食べている幼虫がいましたが、やはりモンシロチョウの幼虫でした。
こうして産卵を確認できたということは、たまたま幼虫がこの植物を食べていたのではなく、明らかに食草だったということです。
この植物が何なのか、さらなる観察を続けます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月07日
ハクセキレイの巣のその後

ここで書いたハクセキレイの巣ですが、前と比べて2倍以上の大きさになっていました。
巣に出入りする姿はあれ以来確認できていませんが、周囲を見渡すと必ずハクセキレイがいます。
人間がそばにいないときに、着々と整備しているのかもしれません。


ハクセキレイの巣のその後

タンポポの綿毛まで巣作りの材料にしています。小枝や枯れ草が多いですが、タンポポの茎の部分も使っていました。
硬いものと柔らかいものを編みこむように混ぜながら、巣はできているようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る