2010年06月08日
トマト系は悪く言えば気色の悪い植物で、悪魔の化身のような生長のしかたをします。それゆえに、ちょっと手を加えることによって樹姿を自在にあやつれるところがおもしろさでもあります。
わき芽をとったりとらなかたり摘心をいつやるかで、実の成り具合も変わってきたりします。
趣味でやっている家庭菜園ですので、ここでちょっと遊んでみます。

通常1本仕立てにすることが多いと思いますが、今回は2本仕立てにしてみます。アルファベットで言うと、「I」の字ではなく「Y」の字の樹姿にします。
トマト系は主茎と葉柄の間からどんどんわき芽が出てきますが、通常はこれを全て摘み取ります。伸ばすのは上だけ。全ての花房に主茎から直接栄養を与えて実を大きくするためです。
2本仕立てでは、簡単に言うと主茎を分岐状態にして2本の茎を仲良く育てます。実の数は多くなりそうですが栄養は一定のため、背丈が低めの段階で摘心したほうがいいかもしれません。


2本仕立てでやってみるミニトマト
2本仕立てでやってみるミニトマト

第1花房(赤い線)が目立ってくる頃、その直下のわき芽(ピンクの線)が急生長します。通常はこれを早めに摘み取りますが、今回はこれを伸ばします。写真では、青の線とピンクの線とでYの字の樹姿になります。これ以降、青の線とピンクの線の茎にできたわき芽は全て摘みます。
こういう想定でしたので、前回も書いたように支柱にクロス部分を追加した次第。


2本仕立てでやってみるミニトマト

こちらは、もう1本の株。兄弟なので茎の出かたがそっくりです。

トマトの茎や枝は、水を吸って元気な時ほど簡単にポキっと折れてしまいます。支柱にしっかり固定しておかないと、強風時にはやばいです。もはや張り付け状態にしてもいいのがトマト系の栽培。そんなぁぃさんはミニトマトに張り付けなわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | ミニトマトとパセリ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る