2010年06月13日
クロヤマアリの誘拐行動

先に書きますが、ピンボケ失礼。
普段の倍近い速さで歩くクロヤマアリがくわえているのは、他の種類の赤いアリ。これだけだとただけんかをしているように見えますが、歩く速さが尋常ではありません。しかも、赤いアリの腹部に注目です。ぷっくりと膨らんでいます。これは蜜をたっぷりため込んだ状態。
この赤いアリが草花の花に集まって蜜を集めていたのを、何度か見かけています。
赤いアリが蜜を集めきったところを、クロヤマアリが赤いアリごと蜜を運んでいるわけです。まさに誘拐。撮るほうも緊張が走りました。


クロヤマアリの誘拐行動

そのまま巣に運びこみました。このような行動をしているクロヤマアリを、他に数匹確認しています。たまたま発生した事件ではなく、計画的な狩りのような行動です。
おもしろいのは、くわえている場所がみんな胸部と腹部の間で、しかもうしろからくわえていました。抵抗を最小限に抑え、生きたまま巣まで運びたいようです。
腹部と胸部の間はアリの体の中ではかなり細い部分で、けんかのときにはかみ切ったりする部分です。その部分を、まるで親猫が子猫を運ぶようにかんでいます。正確には口で輪をつくって引っかけている状態だと思います。
いやはや、見れば見るほど毎日が新発見の昆虫の世界。やめられませんな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月13日
謎のアブラナ科で幼虫が孵化

謎のアブラナ科にシロチョウ科と思われる卵がついていましたが、今日見たら1匹の幼虫が孵化していました。体長は2mmぐらい。
卵の殻が見当たりませんが、食べたのだと思います。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

拡大ししてみました。何の幼虫なんでしょう。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

もう1個あった卵のほうも孵化したようです。卵の殻が食べかけですが、幼虫の姿は発見できませんでした。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

そんな謎のアブラナ科ですが、花が咲き始めました。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

何の花なんでしょう。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

濃い目の黄色い花です。


謎のアブラナ科で幼虫が孵化

地味に大量に花をつけています。ちょっとこれから調べてみます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月13日
クレマチスが満開

家のクレマチスが満開です。この時季に15cmぐらいのでかい花が咲くので、愛好家も多い花なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2010年06月13日
アサガオ生長開始

プランターに蒔いていたアサガオが発芽していましたが、暖かくなってきたせいか本葉を出して本格的な生長段階に入りました。
それでもまだ芽を出していない種もあります。土の上にあるのは、イネのもみ殻。去年のバケツ稲のときのものです。
アサガオはものすごく水を吸う植物なので、夏場は土がからからになります。蒸発を少しでも避けたいわけです。


アサガオ生長開始

今年はシンプルにマルバアサガオにしました。種は野生化した株から採取。紫色の花が咲く予定です。
ヘブンリーは鉢に植える予定。こっちは、こじんまりと育てます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る