2010年06月16日
エンマコオロギが孵化!

よく見て気付いたのですが、エンマコオロギが4〜5匹孵化してました。
なんせ小さいので、ほんとによく見ないとわかりません。


エンマコオロギが孵化!

色が黒々としているので、昨日以前には孵化していたと思われます。体長は1.5〜2mmぐらい。


エンマコオロギが孵化!

生まれた幼虫の右上に、孵化前の卵が見えます。


エンマコオロギが孵化!

孵化が始まった容器を飼育ケース内に入れ、ワラの橋で木炭まで行けるようにしました。


エンマコオロギが孵化!

さっそく渡り始めた幼虫。ジャンプ力は意外とあり、数センチはジャンプします。


エンマコオロギが孵化!

ワラの橋を渡り終え、バークで休む幼虫。


エンマコオロギが孵化!

エンマコオロギの卵からの飼育は初めてなので、真剣勝負です。
今後数日の間に孵化する卵はみんな孵化するでしょう。卵は約50個入っていましたが、30匹程度の孵化を想定しています。そこから成虫にまで育つ数は20匹弱になるのではと思います。
うまく育てられるか、正直どきどきなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年06月16日
オトシブミを保護

頭上には栗の木。数本ありました。


オトシブミを保護

足元には丸まった葉っぱ…。丸ま…った…!?


オトシブミを保護

なんと、オトシブミのゆりかごでした。周りをもう一度よく見渡してみると、5〜60個のゆりかごがありました。数えているときにも、カサッカサッと次々に落ちてきます。
頭上の栗の木に、かなりの数のオトシブミがいるようでした。

それはいいのですが、状況を冷静に判断すると熱いアスファルトの上に落ちてきています。しかも、ここは道路です。車の交通量はかなり少ない道路ですが、それでもつぶれたゆりかごもすでにありました。
運良く踏まれなかったゆりかごの中には、熱さで緑色のままカラカラになっているものもありました。
こりゃまずいだろということで、路上に落ちているゆりかご全数を、道路横の木陰の野原に移した次第。転がっていたり風で動いたりしていたので、かなりの面積から回収しました。

オトシブミにはゆりかごを落とす種類と落とさない種類がいますが、落とす理由のひとつに地面(通常は草むら)の湿度で葉のみずみずしさを保つということがあります。
今目の前にしている状況は、急速にカラカラになっていくゆりかごたちでした。
オトシブミの親は、1枚の葉っぱに1個の卵を産み、2時間ほどかけて葉っぱを丸めます。幼虫は葉っぱの中で孵化し、その葉っぱを食べて大きくなってサナギになり、成虫になって葉っぱに穴をあけて出てきます。
「いとおしい」とか「かけがえのない」を具現化したようなものがこのゆりかごであり、それが1日もしないうちにカラカラになって全てが終わってしまうわけで、今回だけは人間の介入で野原に移動した次第。
そんなオトシブミの生態をもう少し詳しく知っておくのもいいことなので、6個ほどお借りしてきました。


オトシブミを保護

このまま羽化まで待ち、羽化後は元の場所まで行って放してきます。
ちょっと遠いのですが、借り物は返さなければなりません。

ミニミニ飼育ケースに鹿沼土とヤシ殻木炭チップを入れ、霧吹きで湿らせています。3〜4週間で中から出てくるのではないかと思います。
本当は定期的に葉っぱをほぐして中を見れば生育状況がわかりますが、今回は羽化の観察です。ただ見ているだけでいいのであります。
いちばん左のゆりかごは、巻いている途中で何らかの影響で地面に落ちたものです。外敵に弱い状態なので、これも借りてきました。

なんでもそうですが、このゆりかごの中にはすでに寄生されているものもあるかもしれません。オトシブミではない昆虫が出てくるかもしれません。それも観察のうちなので、このまま様子を見ます。

現場から離れるときにも、絶え間なくゆりかごが上から落ちてきていました。いちおうテレパで場所を移れと叫びましたが、伝わったかどうかは定かではありません。昭和風な言い方をすれば、非常にブルーな気分なのであります(*_*)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(12) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2010年06月16日
黒いヨトウムシなのか?

真っ黒い幼虫がいたので調べてみたのですが、該当するものがありません。しかし、頭部や体長がヨトウムシとそっくりなことから、ヨトウムシらしき幼虫ということにしておきます。


黒いヨトウムシなのか?

わざと明るめに補正をかけた画像。真っ黒でもわずかな模様が入っています。

追記
コメント欄のぐわ氏さんの情報で、この幼虫はヨスジノコメノキリガの幼虫の可能性が極めて高いことがわかりました。
貴重な情報、ありがとーございました(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年06月16日
スカシタゴボウか?
スカシタゴボウか?

ここ
で書いた謎のアブラナ科ですが、花を採取してみました。
いろいろ調べてみましたが、イヌガラシやキレハイヌガラシの花に似ていますが、一番似ているのがスカシタゴボウという植物です。今後種ができたとき、その大きさではっきりしそうです。

問題は、この植物は現在50cmぐらいの背丈になっており、枝が広範囲に開いています。しかも、大量の花は大量の種になるわけで、これは家庭菜園にとってはやっかいなことになりそうです。
種類が判別したら、葉についている幼虫を確保して伐採するかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る