2010年07月27日
2年ぶりのヘイケボタル

ヘイケボタル登場。蒸し暑いといろいろな昆虫が活発になります。
2年前にもやってきたので、このあたりにもホタルの生息する場所があるようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年07月27日
今年も登場サクラコガネ

去年と同じ場所にサクラコガネが今年も登場です。
体長は2cm弱。全体的に茶色ですが、見る角度によって部分的に緑色に光って見えます。つか、顔がピンボケで失礼。


今年も登場サクラコガネ

背中をなでなでしても逃げないで大人しくしています。
カブトムシのなかまなので、メスのカブトムシに似た体形をしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2010年07月27日
ミニトマト6個収穫

本日6個収穫。皮の厚さはわずかに薄くなり、味はさらに濃くなってきています。特に、うま味感のある酸味が強くなってきて、トマトらしい味になっている状況。
今回初めて小粒の収穫があり、たまたまなのか栄養不足なのかを見極める必要があります。といっても見極めたところで手遅れなので、今後の課題にしたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニトマトとパセリ | 更新情報をチェックする
2010年07月26日
エンマコオロギ12匹確認

一度に見た個体数が12匹だったので、最低でも12匹いることがわかりました。今までは同時に見た数が5匹だったので、うれしい次第。

飼育環境は全く変わっておらず、霧吹きも全くしていません。隠れ場所をふんだんに設けたので、ストレスは少ないでしょう。
その分、全部で何匹いるのかがわからなくなり、こっちがストレスになっているのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
2010年07月26日
息を吹き返した甘夏

じつは、もうだめかなと思うくらい瀕死の状態でした。
冬には葉を全部落とすのは恒例でしたが、春になって葉を出し始めたとたんに寒波が襲って出ていた葉が全部枯れたばかりか、枝の3分の1が壊死してカビが生えだしました。
それから気温が上がっても一向に葉が出ませんでしたが、どうやら大丈夫のようです。
壊死した枝を取り除いたので、3分の1ぐらい切戻しを行ったような大きさになりました。


息を吹き返した甘夏

こっちの鉢も同様で、かなり壊死しました。
枝の出かたを制御してスタイルを作っていましたが、また1からやり直しです。

この甘夏も発芽から4年経過し、5年目に入りました。常緑樹が落葉するという異例の生態を強要される北国ですが、短い夏の間に体力をつけてほしいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 甘夏 | 更新情報をチェックする
2010年07月26日
オトシブミ1匹羽化

保護していたオトシブミのゆりかごも羽化しそうになかったので、最後に中を見てみようと開けたら、1個だけ成虫がいました。
他のゆりかごも見ましたが、空き家になっていました。


オトシブミ1匹羽化

前脚だけが、かなり筋肉隆々です。初めて見るオトシブミだったので調べたら、 ルイスアシナガオトシブミのようです。


オトシブミ1匹羽化

葉を巻くための前脚は、もはや脚ではありません。カマキリのカマのように「手」として進化したようです。
それでも退化しない"ふ節"は、やはり6本の脚で歩きたいのでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る